【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つを解説!

【サイドFIRE】

サイドFIREにはいくら必要?【実現までの必要資金と時間をシュミレーションしてみた】

スポンサーリンク

悩む人

  • サイドFIREするにはいくら必要なのか知りたい……
  • 実現するには何年かかるの?

高卒サラリーマン

こういったことで悩んでいませんか?

 

この記事を読むと、サイドFIREするためにどれくらいお金が必要なのか、知ることができます。

 

なぜなら、僕自身がサイドFIREを目指しているからです。

 

この記事を書いた人

  • サイドFIREを目指す20代高卒会社員
  • 毎月20万円程度投資
  • 総資産400万円以上

 

結論からいうと、「サイドFIREに必要な資金はその人の生活費や家族構成によって異なる」ということです。

 

この記事では、サイドFIREに必要な資金の目安と準備方法を解説しています。

 

高卒サラリーマン

この記事を読み終えると、どれくらい資金が必要か知ることができますよ。

 

【生活費別サイドFIRE必要資金】

【生活費】【サイドFIRE資金】
【月/15万円】2,250万円
【月/20万円】3,000万円
【月/25万円】3,750万円
【月/30万円】4,500万円
【月/35万円】5,250万円
【月/40万円】6,000万円
【月/45万円】6,750万円
【月/50万円】7,500万円
【月/55万円】8,250万円
【月/60万円】9,000万円

 

高卒サラリーマン

良ければポチッと押しいただけると、励みになります↓

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

 

サイドFIREとは生活費の半分を副業収入で賄い、自由な時間を謳歌する生き方

 

サイドFIREとは生活費の半分を副業収入で賄い、自由な時間を謳歌する生き方

 

サイドFIREとは、「生活費の半分を副業収入、残り半分を資産収入で賄って、自由を謳歌する生き方のこと」を指します。

 

FIREとは日本語で『経済的自由』という意味があり、生活費より資産収入が上回っている状態のこと。

 

サイドFIREのサイドとは『Side Job』という意味です。

 

高卒サラリーマン

FIREとの最大の違いは、

「働いて生活費を稼ぐ必要があるか」

「稼ぐ必要がないか」

という点が挙げられます。

 

各FIREの種類や特徴については、『【FIRE(早期リタイア)には4種類ある?】どれがオススメ?』で詳しく解説しています。

 

✔︎【合わせて読みたい】

【FIRE(早期リタイア)には4種類ある?】ファット・リーン・コースト・バリスタFIREどれがオススメ?
参考【FIRE(早期リタイア)には4種類ある?】ファット・リーン・コースト・バリスタFIREどれがオススメ?

続きを見る

 

サイドFIREにはいくら必要?【結論】『年間生活費×12.5年分』

 

サイドFIREにはいくら必要?【結論】『年間生活費×12.5年分』

 

結論からいうと、サイドFIREに必要な資金は人によって異なります。

 

なぜなら、人によって生活費や家族構成が異なるから。

 

実際に、生活費別にシュミレーションした結果がこちらです。

 

【生活費別サイドFIRE必要資金】

【生活費】【サイドFIRE資金】
【月/15万円】2,250万円
【月/20万円】3,000万円
【月/25万円】3,750万円
【月/30万円】4,500万円
【月/35万円】5,250万円
【月/40万円】6,000万円
【月/45万円】6,750万円
【月/50万円】7,500万円
【月/55万円】8,250万円
【月/60万円】9,000万円

 

高卒サラリーマン

サイドFIREするには、「年間生活費×12.5年分」が一つの目安です。

 

なぜ12.5年分?【FIRE達成に必要な資金額『年間生活費×25年分』の半分だから】

 

悩む人

なぜ、12.5年分なの?

高卒サラリーマン

「FIRE達成に必要な金額の半分程度の額になる」からです。

 

一般的に、FIRE達成に必要な金額は「年間生活費×25年分」と言われています。

 

「年間生活費×25年分」である理由を知りたい方は『【4%ルールに適したポートフォリオとは?】サイドFIREの出口戦略で失敗しない方法3つ!』をご覧ください。

 

✔︎【合わせて読みたい】

【4%ルールに適したポートフォリオとは?】サイドFIREの出口戦略で失敗しない方法3つとは?
参考4%ルールに適したポートフォリオとは?FIREの出口戦略で失敗しない方法【3選】

続きを見る

 

独身でサイドFIRE達成したい場合、資金はどれくらい必要?【結論:2,400万円程度】

 

結論からいうと、独身者の場合「2,400万円程度」必要です。

 

なぜなら、総務省の『家計調査 家計収支編 単身世帯』のデータによると、2019年の平均支出額が159,368円だったため。

 

単身者の支出を毎月約16万円だとすると、年間生活費は192万円。

 

高卒サラリーマン

統計データから計算した結果、192万円×12.5=2,400万円。

結果、独身の方がサイドFIREするために必要な金額は「2,400万円程度」となりました。

 

サイドFIREを目指すフォロワーさんに目標資産額を聞いてみた!

 

悩む人

実際にサイドFIREを目指している人たちがどれくらいを目標金額にしてるのかな…

高卒サラリーマン

僕がTwitterで535人にアンケートを取った結果、『3,000万円〜5,000万円程度』という回答が70%以上と最も多かったです。

 

✔︎【アンケート結果】

 

家庭を持っている方々からは、

「2億円ないと不安…」

「シングルマザーだし6,000万円は欲しいかな」

といった声もありました。

 

✔︎【夫婦共働きの方の声】

 

✔︎【夫婦+子供一人の方の声】

 

✔︎【シングルマザーの方の声】

 

逆に、「独身・実家暮らし」の方からは「1,200万円あれば、行けそう…!」という声も。

 

✔︎【独身・実家暮らしの方の声】

 

高卒サラリーマン

  • 家族構成
  • 置かれている環境
  • ライフプラン
  • リスク許容度など

によって目標金額は全然違うのが興味深いですね。

 

サイドFIREの必要資金を準備するには何年かかる?【統計データからシュミレーション】

 

サイドFIREの必要資金を準備するには何年かかる?【統計データからシュミレーション】

 

サイドFIREの必要資金を準備するには大体どれくらいの年数がかかるのか、シュミレーションしてみました。

 

今回のシュミレーションでは

  • 所得金額「309万円」
  • 年間支出「192万円」
  • 年間投資金額「117万円」

(出典:『厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査 』)

(出典:『家計調査 家計収支編 単身世帯』)

程度の収支である『独身』を想定しています。

 

【シュミレーション結果】

※縦にスクロールできます

【目標金額】【達成年数】
【2,250万円】13年4ヶ月
【3,000万円】16年4ヶ月
【3,750万円】18年11ヶ月
【4,500万円】21年2ヶ月
【5,250万円】23年3ヶ月
【6,000万円】25年2ヶ月
【6,750万円】26年10ヶ月
【7,500万円】28年5ヶ月
【8,250万円】29年11ヶ月
【9,000万円】31年3ヶ月
【1億円】32年11ヶ月
【1億5,000万円】39年9ヶ月
【2億円】44年10ヶ月

 

【シュミレーション条件】

【項目】【条件内容】
【毎月投資額】100,000円
※算出方法:(推定所得金額−年間支出)÷12
【運用利回り】5%

 

高卒サラリーマン

「家庭持ちの方」、「これから家庭を築きたいと考えている方」の場合は、必要資金が増えて、もっと時間がかかります。

 

サイドFIREを最短で実現する方法【5選】

 

サイドFIREを最短で実現する方法【5選】

 

サイドFIREを最短で実現するには、下記の5ステップを踏むことをお勧めします。

 

【最短で達成する5ステップ】

  • 生活費を下げる
  • 毎月の支出金額を知る
  • 収入を増やす
  • 投資信託にお金を回す
  • 目標資金額を達成するまで①〜④を見直し、改善し続ける

 

高卒サラリーマン

これらを見直し、改善し続けることで、サイドFIRE達成までの期間をグッと縮められます。

 

方法①:生活費を下げる

 

最短でサイドFIREを実現したいなら、「生活費を下げる」のが最も重要です。

 

なぜなら、生活費を下げれば、準備する金額も減らすことができるから。

 

実際に、年間生活費が400万円の人と200万円の人とでは、準備する金額が3,000万円も違ってきます。

準備する金額に3,000万円も差があると、それだけ到達するのに時間が掛かってしまいます。

 

高卒サラリーマン

浮いたお金をサイドFIRE必要資金に回していけば、更に達成期間を縮めることができますよ。

 

方法②:毎月の支出金額を把握して目標金額を立てる

 

毎月の生活費を下げれた人は、「毎月の支出金額を把握して、目標金額を立てましょう。」

 

なぜなら、先にゴールを立てておくことで、リタイア時期を想定することができるから。

 

年間生活費が180万円だと分かれば、×12.5年分の2,250万円が目標金額になります。

 

高卒サラリーマン

先にゴールを立てておくと、リタイア時期も分かり、モチベーションも上がりますよね。

 

方法③:収入を増やす

 

目標金額が決まったら、「収入を増やす」ことに力を入れましょう。

 

なぜなら、生活費を落とすことには限界があるからです。

 

倹約は一度してしまえば、それ以上しても費用対効果が悪いです。

 

オススメの収入の増やし方は、

  1. 転職
  2. 副業
  3. 共働き

 

高卒サラリーマン

倹約を実践し、支出を最適化したら、「稼ぐ金額を高めること」にフォーカスして、少しでも多くの種銭を作りましょう。

 

✔︎【合わせて読みたい】

サイドFIRE達成後にオススメの仕事(副業)【7選】とは?【メリット・デメリット・向き・不向きな人の特徴】
参考サイドFIRE達成後にオススメの仕事(副業)【7選】とは?【仕事選びの注意点3つも解説】

続きを見る

【副業月収15万円】誰でも稼げる楽天ルームのやり方【5選 】公務員の方もバレなきゃOK?
参考【副業収入15万円】誰でも稼げる楽天ルームの攻略方法【5選 】インフルエンサーの収入はいくら?

続きを見る

 

方法④:投資にお金を回す

 

収入を増やしたら、あとは「投資にお金をひたすら回していきます。」

 

なぜなら、貯金では考えられないスピードでお金を増やしていけるから。

 

貯金は年率0.01%〜0.2%で単利なのに対して、投資の平均利回りは5%〜7%かつ複利。

 

下記のグラフのように、貯金と投資でお金の増え方はかなり異なります。

 

 

高卒サラリーマン

投資先として僕がオススメするのは、『S&P500』や『全世界株式』の投資信託です。

 

✔︎【合わせて読みたい】

参考【サイドFIREにオススメな投資信託とは?】FIREの出口戦略『4%ルール』と『インデックス投資』の視点から厳選!

続きを見る

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』どっちがオススメ?違いや構成銘柄を徹底比較!
参考『楽天全米株式(楽天VTI)』と『eMAXIS Slim S&P500』どっちがオススメ?違いや構成銘柄を徹底比較!

続きを見る

【比較】eMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)と米国株式(s&p500)はどっちがいい? 両方もつ意味とは?
参考【比較】eMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)と米国株式(s&p500)はどっちがいい? 両方もつ意味とは?

続きを見る

【徹底比較】『emaxis slim 米国株式(S &P500)』と『VOO』はどっちがいい?『2558』・『SBI・V・S&P500』との違いも比較!
参考【どっち?】『eMAXIS Slim 米国株式(S &P500)』VS『VOO』VS『2558』VS『SBI・V・S&P500』の違いを比較

続きを見る

 

方法⑤:目標資金額に到達するまで①〜④を見直し、改善し続ける

 

「目標金額に到達するまで①〜④を見直し、改善し続けましょう。」

 

高卒サラリーマン

各手順のレベルを高め、少しでも早くサイドFIREを実現させるために尽力することをオススメします。

 

サイドFIREを目指す注意点【3選】

 

サイドFIREを目指す注意点【3選】

 

サイドFIREを目指す人に、注意点も3つ紹介しておきます。

 

【サイドFIREを目指す注意点】

 

甘くみてると、せっかくのセカンドライフが台無しになってしまう恐れがあります。

 

高卒サラリーマン

事前に必要になる金額は洗い出しておきましょう。

 

FIREで伴う注意点や対策方法については『【失敗談】FIREで失敗する問題点【6選】とは?対策方法を5つ解説』で解説しています。

 

✔︎【合わせて読みたい】

【失敗談】FIREで失敗する問題点【6選】とは?対策方法も5つ解説
参考【失敗談】FIREで失敗する問題点【6選】とは?対策方法を5つ解説

続きを見る

 

注意点①:予想外のリスクに対する支出は想定しておく

 

「予想外のリスクに対する支出を想定しておくこと」はとても大切です。

 

なぜなら、予想外のリスクが実際に起きた時に、取り返しのつかない人生になってしまう恐れがあるから。

 

✔︎【予想外の出費】

  1. 病気
  2. 災害
  3. 事故
  4. 身内の死
  5. 長生きリスク

 

こういったものは『いつ』・『誰が』起きてもおかしくないリスクです。

 

高卒サラリーマン

実際にこれらが起きた時の

  • Aプラン
  • Bプラン

を考えておくのが大切だと思います。

 

注意点②:家族持ちの方は、教育費や家族の分の資金も準備する必要がある

 

「家族持ちの方は、教育費や家族の分の資金も準備する必要」があります。

 

例えば、奥さんの分のお金を用意する場合、「1.8倍程度」はあったほうがいいでしょう。

 

※縦にスクロールできます

【費用/世帯形態】【2人以上世帯】【単身世帯】
【消費支出】277,926円150,506円
【食料】80,198円41,373円
【住居】17,374円20,950円
【高熱・水道】21,836円11,687円
【家事・家事用品】12,708円5,393円
【被服及び履き物】9,175円4,910円
【保険医療】14,296円7,129円
【交通・通信】39,972円18,310円
【教育】10,293円2円
【教養娯楽】24,987円15,867円
【その他の消費支出】47,088円24,888円

(出典:『家計調査報告(家計収支編)2020年(令和2年)平均結果の概要』)

 

お子さんがいる場合、全て国公立の幼稚園〜大学に通わせた場合、約1,000万円かかります。

 

✔︎『幼稚園』〜『大学』までにかかる費用

※縦にスクロールできます

【学校種別】【費用】
【公立幼稚園】649,088円
【私立幼稚園】1,584,777円
【公立小学校】1,926,809円
【私立小学校】9,592,145円
【公立中学校】1,462,113円
【私立中学校】4,217,172円
【公立高等学校】
(全日制)
1,372,072円
【私立高等学校】
(全日制)
2,904,230円
【私立短大】
(入学費用)
736,000円
【私立短大】
(2年間の在学費用
3,028,000円
【国公立大学】
(入学費用)
4,592,000円
【私立大学文系】
(入学費用)
904,000円
【私立大学文系】
(4年間の在学費用)
6,404,000円
【私立大学理系】
(入学費用)
855,000円
【私立大学理系】
(4年間の在学費用
7,412,000円

(出典:『教育費負担の実態調査結果 2020年3月』)

(出典:『平成30年度子供の学習費調査の結果について』)

 

高卒サラリーマン

もし、私立の学校に通わせるのであれば、「+500万円〜2,000万円程度」必要になります。

 

注意点③:サイドFIRE後の正社員復帰は厳しい

 

「サイドFIRE後の正社員復帰は厳しい」と思っておいたほうがいいです。

 

なぜなら、リタイア後はそこそこいい年齢になっており、一度組織から離れた人を雇ってくれる企業はほぼないから。

 

転職業界の話を聞くと、年齢が高くなればなるほど、転職に求められるスキルは『即戦力』になるかだそうです。

 

40代の転職は想像している以上に厳しい!です。 インターネットで調べると、「40代で転職成功」とか「40代の転職でキャリアアップ」などの記事や広告を見かけますが、現実は全く違います。 はっきり言って40代の転職で成功するのは、学歴や経歴がかなり上の方のほんの一部の人だけです。 なので「一般人」だと思っている方が40代で仕事を辞めると、仕事が見つからない生き地獄を味わうことになります。 

(出典:『40代の転職は想像以上に厳しい!できれば仕事は辞めない方がいい』)

 

高卒サラリーマン

特別な何かがない人の場合、『正社員としての復帰は厳しい』と思います。

 

サイドFIRE達成後は好きなことを『副業』にするのがオススメ

 

サイドFIRE達成後は好きなことを『副業』にするのがオススメ

 

悩む人

サイドFIRE達成したら、どんな仕事に就くのがいいの?

高卒サラリーマン

結論からいうと、

  • 『好きなこと・やっていて苦じゃないこと』
  • リスクを取りすぎない副業』

がオススメです。

 

✔︎【サイドFIRE後にオススメの仕事】

 

 

✔︎【合わせて読みたい】

サイドFIRE達成後にオススメの仕事(副業)【7選】とは?【メリット・デメリット・向き・不向きな人の特徴】
参考サイドFIRE達成後にオススメの仕事(副業)【7選】とは?【仕事選びの注意点3つも解説】

続きを見る

 

【まとめ】サイドFIREの必要資金は人によって異なる

 

【まとめ】サイドFIREの必要資金は人によって異なる

 

本記事の内容まとめると、『サイドFIREに必要な資金は人によって異なる』ということです。

 

【生活費別サイドFIRE必要資金】

【生活費】【サイドFIRE資金】
【月/15万円】2,250万円
【月/20万円】3,000万円
【月/25万円】3,750万円
【月/30万円】4,500万円
【月/35万円】5,250万円
【月/40万円】6,000万円
【月/45万円】6,750万円
【月/50万円】7,500万円
【月/55万円】8,250万円
【月/60万円】9,000万円

 

この記事で紹介した金額はあくまで、目安。

一番大事なのは、

  • 自分の置かれた環境
  • 家族構成
  • ライフプラン

と向き合って、「リスク許容度」にあったお金を準備することです。

 

高卒サラリーマン

いつでもリタイアできる状態を目指しつつ、「辞めても大丈夫だな」と思った時にサイドFIREしていきましょう。

 

✔︎【合わせて読みたい】

【FIRE(早期リタイア)には4種類ある?】ファット・リーン・コースト・バリスタFIREどれがオススメ?
参考【FIRE(早期リタイア)には4種類ある?】ファット・リーン・コースト・バリスタFIREどれがオススメ?

続きを見る

【失敗談】FIREで失敗する問題点【6選】とは?対策方法も5つ解説
参考【失敗談】FIREで失敗する問題点【6選】とは?対策方法を5つ解説

続きを見る

サイドFIRE達成後にオススメの仕事(副業)【7選】とは?【メリット・デメリット・向き・不向きな人の特徴】
参考サイドFIRE達成後にオススメの仕事(副業)【7選】とは?【仕事選びの注意点3つも解説】

続きを見る

参考【サイドFIREにオススメな投資信託とは?】FIREの出口戦略『4%ルール』と『インデックス投資』の視点から厳選!

続きを見る

FIREは独身と結婚どっちが有利?パートナー選びで失敗しない方法【3選】
参考FIREは独身と結婚どっちが有利?パートナー選びで失敗しない方法【3選】

続きを見る










© 2022 高卒サラリーマンの初心者向け投資教室 Powered by AFFINGER5