『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』どっちがオススメ?違いや構成銘柄を徹底比較!

【インデックス投資】 【投資信託】

『楽天全米株式(楽天VTI)』と『eMAXIS Slim S&P500』どっちがオススメ?違いや構成銘柄を徹底比較!

スポンサーリンク

悩む人

『楽天VTI』

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』

この2つの商品なら、どっちを買えばいいの?

高卒サラリーマン

こういったことで悩んでいませんか?

 

実は、この記事を読むと

『楽天VTI』

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』

どちらを買えばいいのか知ることができます。

 

なぜなら、ぼく自身が両者を比較した上で

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』に毎月5万円を投資しているからです。

 

この記事を書いた人

  • インデックス投資歴2年目
  • 毎月S&P500とNASDAQ100に10万円以上積立投資

 

高卒サラリーマン

実は、以前フォロワーさんから同じような質問をされたことがあります。

 

【①以前ツイートした内容への返信】

 

【②以前ツイートした内容への返信】

 

結論からいうと、僕は『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』をオススメします。

 

この記事では、『楽天VTI』と『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』を徹底比較し、どちらがオススメなのか解説します。

 

高卒サラリーマン

この記事を読み終えると、

『楽天VTI』

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』

どちらを買うべきなのか知ることができますよ。

 

✔︎【比較表】

※スマホの方は横にスクロールできます

※赤文字はどっちにも含まれるもの

【比較項目/商品名】【楽天VTI】【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
【指数(ベンチマーク)】CRSP US Total Market Index
・S&P500、中小型株を含む米国企業約3,600社の集まり。
・米国の時価総額(企業価値)の内、約100%をカバー。
S&P500
・米国の大企業500社の集まり。
・米国の時価総額(企業価値)の内、約80%をカバー。
【運用コスト】【信託報酬】年率0.132%
【実質コスト】年率0.209%
(出典:『楽天VTI 目論見書』2021年06月29日時点)
【信託報酬】年率0.0968%
【実質コスト】年率0.14%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年06月29日時点)
/td>
【上位10銘柄と比率】アップル(Apple):5.32%
マイクロソフト(Microsoft):4.41%
アマゾン(Amazon):3.64%
グーグル(Google):2.67%
フェイスブック(Facebook):1.72%
テスラ(Tesla):1.40%
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc):1.12%
ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson):1.09%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPMorgan Chase & Co.):1.01%
・VISA:0.97%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
アップル(Apple):5.7%
マイクロソフト(Microsoft):5.2%
アマゾン(Amazon):4.0%
フェイスブック(Facebook):2.1%
グーグル(Google)議決権あり:1.9%
グーグル(Google)議決権なし:1.9%
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.):1.4%
テスラ(Tesla):1.4%
JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.):1.3%
ジョンソン&ジョンソン:(Johnson &Johnson)1.2%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年7月21日時点)
【セクター別構成比率】情報技術:26.24%
一般消費財:16.63%
資本財:13.83%
ヘルスケア:13.57%
金融:10.58%
生活必需品:5.19%
不動産:3.38%
・電気通信:3.35%
公益事業:2.98%
・エネルギー:2.31%
素材:1.95%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
情報技術:27.6%
ヘルスケア:13.5%
一般消費財:12.7%
・コミュニケーション・サービス:10.8%
金融:10.4%
資本財:8.4%
・生活必需品:6.5%
公益事業:2.8%
素材:2.6%
不動産:2.4%
(出典:『マネックス証券』2020年12月31日時点)

 

✔︎【合わせて読みたい】

【徹底比較】『emaxis slim 米国株式(S &P500)』と『VOO』はどっちがいい?『2558』・『SBI・V・S&P500』との違いも比較!
参考【どっち?】『eMAXIS Slim 米国株式(S &P500)』VS『VOO』VS『2558』VS『SBI・V・S&P500』の違いを比較

続きを見る

参考【サイドFIREにオススメな投資信託とは?】FIREの出口戦略『4%ルール』と『インデックス投資』の視点から厳選!

続きを見る

 

高卒サラリーマン

良ければポチッと押しいただけると、励みになります↓

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

 

目次

S&P500とは『米国の大企業500社の集まり』

 

そもそもS&P500とは?【S&P500とはバフェットも推奨する米国の大企業500社の集まり】

 

悩む人

そもそも『S&P500』ってなんなの?

高卒サラリーマン

S&P500とは、『米国の大企業500社の集まりのこと』を言います。

 

S&P 500 - 米国の代表的な大型株である500社の銘柄で構成。

(出典:Wikipedia

 

悩む人

『S&P』ってどういう意味?

高卒サラリーマン

S&Pは 『Standard & Poor’s』の略です。

 

“Standard & Poor’s”とは、『S&P500に組み入れる企業を算出していた会社名のこと』を指しています。

 

S&P500に組み込まれている企業は、『米国の上位500社』

 

S&P500に組み込まれている企業は、『米国の上位500社』といっても過言ではありません。

 

なぜなら、S&P500銘柄に組み込まれるにはそれなりの条件を満たす必要があるから。

 

実際に、『S&P500に選出されるには次のような条件』を満たす必要があります。

 

【S&P500に選出される条件】

  1. 米国企業であること
  2. 時価総額が61億ドル以上であること
  3. 四半期連続(3ヶ月連続)で黒字利益を維持していること
  4. 浮動株が発行済株式総数の50%以上ある

 

実際にS&P500に組み込まれている企業は、世界的にも有名な企業が多いです。

 

【S&P500上位10銘柄比較表】

  1. アップル(Apple)
  2. マイクロソフト(Microsoft)
  3. アマゾン(Amazon)
  4. フェイスブック(Facebook)
  5. グーグル(Google)議決権あり
  6. グーグル(Google)議決権なし
  7. バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.)
  8. テスラ(Tesla)
  9. JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.)
  10. ジョンソン&ジョンソン:(Johnson &Johnson)

(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年7月21日時点)

 

高卒サラリーマン

日本人のぼく達でも聞いたことがあるような企業が名を連ねています。

 

グーグル(Google)の株が2種類ある理由は『議決権の有無』

 

悩む人

なんでグーグル(Google)が2つあるの?

高卒サラリーマン

簡単にいうと、『経営の邪魔をされることを防ぐため』です。

 

✔︎『議決権あり』『議決権なし』の違い

【議決権ありの株主】

  • 会社経営に口を挟める。

【議決権なしの株主】

  • 会社経営に口を挟めない。

 

高卒サラリーマン

『グーグル(Google)の経営者が外部の株主に経営に口出しされたり、邪魔をされることを防ぐため』に2種類の株式を発行しています。

 

VTIとは『米国株式市場の約100%を占める米国企業3,600社の集まり』

 

そもそもVTIとは?【VTIとは米国市場全体に投資できる米国企業3,600社の集まり】

 

悩む人

『VTI』ってどんな指数なの?

高卒サラリーマン

VTIとは、『S&P500や中小型株を含む米国企業約3,600社の集まり』です。

 

VTIとS&P500の最大の違いは『銘柄数』。

 

✔︎【銘柄数の比較】

【楽天VTI】【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
約3,600銘柄(大企業+中小型株)約500銘柄(大企業)

 

高卒サラリーマン

VTIは『米国株式市場のほぼ100%の時価総額を占めている』と言われています。

 

VTIは『バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF』の略称

 

実は、VTIという言葉自体は『バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF』を略した商標です。

 

VTIが連動している指数は『CRSP US Total Market Index』というものです。

 

CRSP US Total Market Indexは、シカゴ大学証券価格調査センター(CRSP)によって、算出されています。

 

Nearly 4,000 constituents across mega, large, small and micro capitalizations, representing nearly 100% of the U.S.

【訳】

米国の投資可能な株式市場のほぼ100%、全体で4,000近くの銘柄をCRSP US Total MarketIndexが算出しています。

(出典 – CRSP U.S. Total Market Index

 

高卒サラリーマン

『VTI』や『楽天VTI』は、『CRSP US Total Market Index』という指数に連動しており、VTIというのは商法です。

 

VTIはS&P500より上位銘柄の比率も少ない

 

VTIは、『構成銘柄数の多いため、S&P500に比べ上位銘柄の構成比率も少なめ』です。

 

✔︎【構成銘柄数と上位構成銘柄比率の比較表】

※スマホの方は横にスクロールできます

※赤文字は重なっている銘柄

【比率/商品名】【楽天VTI】【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
【銘柄数】約3,600銘柄約500銘柄
【上位10銘柄と比率】・アップル(Apple):5.32%
・マイクロソフト(Microsoft):4.41%
・アマゾン(Amazon):3.64%
・グーグル(Google):2.67%
・フェイスブック(Facebook):1.72%
・テスラ(Tesla):1.40%
・バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc):1.12%
・ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson):1.09%
・JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPMorgan Chase & Co.):1.01%
・VISA:0.97%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
・アップル(Apple):5.7%
・マイクロソフト(Microsoft):5.2%
・アマゾン(Amazon):4.0%
・フェイスブック(Facebook):2.1%
・グーグル(Google)議決権あり:1.9%
・グーグル(Google)議決権なし:1.9%
・バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.):1.4%
・テスラ(Tesla):1.4%
・JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.):1.3%
・ジョンソン&ジョンソン:(Johnson &Johnson)1.2%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年7月21日時点)

 

高卒サラリーマン

上位銘柄の構成比率を比較してみると、S&P500の方が多いのが分かりますね。

 

『楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)』と『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の違いを比較

 

【大人気投資信託】『楽天VTI』と『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の違いを比較

 

悩む人

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』どっちがいいの?

高卒サラリーマン

結論から言うと次の通りです。

 

✔︎『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』がオススメな人

  • 運用コストを抑えたい人
  • GAFAMなどを多く保有したい人

 

✔︎『楽天VTI』がオススメな人

  • 米国全体に投資したい人
  • 米国の中小型株の成長性を取りこぼしたくない人

 

✔︎【比較表】

※スマホの方は横にスクロールできます

※赤文字はどっちにも含まれるもの

【比較項目/商品名】【楽天VTI】【eMAXIS Slim S&P500】
【指数(ベンチマーク)】CRSP US Total Market Index
・S&P500、中小型株を含む米国企業約3,600社の集まり。
・米国の時価総額(企業価値)の内、約100%をカバー。
S&P500
・米国の大企業500社の集まり。
・米国の時価総額(企業価値)の内、約80%をカバー。
【運用コスト】【信託報酬】年率0.132%
【実質コスト】年率0.209%
(出典:『楽天VTI 目論見書』2021年06月29日時点)
【信託報酬】年率0.0968%
【実質コスト】年率0.14%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年06月29日時点)
/td>
【上位10銘柄と比率】アップル(Apple):5.32%
マイクロソフト(Microsoft):4.41%
アマゾン(Amazon):3.64%
グーグル(Google):2.67%
フェイスブック(Facebook):1.72%
テスラ(Tesla):1.40%
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc):1.12%
ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson):1.09%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPMorgan Chase & Co.):1.01%
・VISA:0.97%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
アップル(Apple):5.7%
マイクロソフト(Microsoft):5.2%
アマゾン(Amazon):4.0%
フェイスブック(Facebook):2.1%
グーグル(Google)議決権あり:1.9%
グーグル(Google)議決権なし:1.9%
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.):1.4%
テスラ(Tesla):1.4%
JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.):1.3%
ジョンソン&ジョンソン:(Johnson &Johnson)1.2%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年7月21日時点)
【セクター別構成比率】情報技術:26.24%
一般消費財:16.63%
資本財:13.83%
ヘルスケア:13.57%
金融:10.58%
生活必需品:5.19%
不動産:3.38%
・電気通信:3.35%
公益事業:2.98%
・エネルギー:2.31%
素材:1.95%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
情報技術:27.6%
ヘルスケア:13.5%
一般消費財:12.7%
・コミュニケーション・サービス:10.8%
金融:10.4%
資本財:8.4%
・生活必需品:6.5%
公益事業:2.8%
素材:2.6%
不動産:2.4%
(出典:『マネックス証券』2020年12月31日時点)

 

高卒サラリーマン

上記の比較結果をもとに、詳しく解説していきます。

 

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の強み3つとオススメな人の特徴2選

 

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の強みは次の3つです。

 

【3つの強み

  1. 楽天VTIより運用コストが0.06%ほど低い
  2. GAFAMなどハイテク株の割合が多い
  3. eMAXIS Slim シリーズである

 

高卒サラリーマン

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』は

  • コストを抑えたい。
  • GAFAMを多く保有したい。

こんな人にオススメの投資信託です。

 

『楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)』の強み2つとオススメな人の特徴

 

『楽天VTI』の強みは次の2つです。

 

【2つの強み】

  1. 米国市場を約100%をカバーできる。
  2. 情報技術以外のセクター比率が多め。

 

高卒サラリーマン

  • 中小企業の成長性を取りこぼしたくない。
  • 米国全体まるまる投資したい。

こんな人には『楽天VTI』がオススメです。

 

迷う人は『S&P500』がオススメ!理由は『楽天VTI』より運用コストが安いから

 

【結論】S&P500がオススメ!理由は『楽天VTI』より運用コストが安いから

 

個人的にぼくのオススメは『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』です。

 

なぜなら、『楽天VTI』に比べ、運用コストが低いから。

 

実際に、0.6%ほど実質コストが低いです。

 

悩む人

実質コストってなに?

高卒サラリーマン

購入者が実際に負担するべき運用コストのことです。

 

運用コストは長期投資になればなるほど、資産額に大きく影響します。

 

 

✔︎【合わせて読みたい】

【徹底比較】『emaxis slim 米国株式(S &P500)』と『VOO』はどっちがいい?『2558』・『SBI・V・S&P500』との違いも比較!
参考【どっち?】『eMAXIS Slim 米国株式(S &P500)』VS『VOO』VS『2558』VS『SBI・V・S&P500』の違いを比較

続きを見る

 

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の値動きも中身もほぼ同じ

 

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の値動きはほぼ同じ。

 

なぜなら、組み入れ銘柄の大部分を占める企業はどちらもほぼ同じだから。

 

✔︎2019年〜2021年までの過去3年間の値動き

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』の値動きはほぼ同じ。

(出典:YAHOO!ファイナンス

 

上記の画像を見れば、値動きはほとんど一致しているのが分かります。

 

実際に、上位10銘柄は同じ企業がほぼ独占状態です。

 

✔︎【上位10銘柄の比較表】

※スマホの方は横にスクロールできます

※赤文字は重なっている銘柄

【比率/商品名】【楽天VTI】【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
【上位10銘柄と比率】・アップル(Apple):5.32%
・マイクロソフト(Microsoft):4.41%
・アマゾン(Amazon):3.64%
・グーグル(Google):2.67%
・フェイスブック(Facebook):1.72%
・テスラ(Tesla):1.40%
・バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc):1.12%
・ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson):1.09%
・JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPMorgan Chase & Co.):1.01%
・VISA:0.97%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
・アップル(Apple):5.7%
・マイクロソフト(Microsoft):5.2%
・アマゾン(Amazon):4.0%
・フェイスブック(Facebook):2.1%
・グーグル(Google)議決権あり:1.9%
・グーグル(Google)議決権なし:1.9%
・バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.):1.4%
・テスラ(Tesla):1.4%
・JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.):1.3%
・ジョンソン&ジョンソン:(Johnson &Johnson)1.2%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年7月21日時点)

 

 

組み入れ銘柄が同じ理由はどちらも『時価総額加重平均型』の商品だから

 

悩む人

なんで、組み入れ銘柄がほぼ同じなの?

高卒サラリーマン

どちらの商品も『時価総額荷重平均型』という方法で、銘柄を選定しているからです。

 

時価総額とは、簡単にいうと『企業の価値の大きさ・規模』のようなもの。

 

時価総額加重平均型株価指数(じかそうがくかじゅうへいきんがたかぶかしすう)は株価指数の算出方式の一つ。

組入銘柄の時価総額合計を、基準となる一時点での時価総額合計で除算して求めるものである。

(出典:『Wikipedia』)

 

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』を両方保有するメリットは小さい

 

悩む人

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』を両方保有するのはあまり意味ない?

高卒サラリーマン

結論からいうと、両方を保有するメリットは低いです。

 

なぜなら、値動きがほぼ同じなので、分散効果が得られないからです。

 

✔︎2019年〜2021年までの過去3年間の値動き

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』の値動きはほぼ同じ。

(出典:YAHOO!ファイナンス

 

運用コストの差はどれくらい影響を受ける?【40年後に1,200,000円の差が開いた】

 

実際に、運用コストがどれくらい影響を与えるのか、シュミレーションしてみました。

 

✔︎【シュミレーション結果】

【楽天VTI】【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
【資産額】
・20年後:19,912,085円
・30年後:39,462,886円
・40年後:70,680,838円
【資産額の差額】
・20年後:-152,653円
・30年後:-482,855円
・40年後:-1,219,772円
(出典:複利計算アプリ)
【資産額】
・20年後:20,064,738円
・30年後:39,945,741円
・40年後:71,900,610円
【資産額の差額】
・20年後:+152,653円
・30年後:+482,855円
・40年後:+1,219,772円
(出典:複利計算アプリ)

 

✔︎【シュミレーション条件】

【投資額】

  • 毎月5万円

【運用期間】

  • 20年〜40年間

【運用利回り】

  • 年利5%

【運用コスト】

  • 楽天VTI:年間0.209%
  • S&P500:年間0.14%

 

✔︎毎月50,000円を積立投資して年利5%で運用

※あくまでシュミレーション上の話です。

 

高卒サラリーマン

運用コストが0.06%違った場合、『40年後に約1,200,000円の差』が出ました。

 

 

乗り換えた方がいい?『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』は両方持つ必要はない

 

乗り換えた方がいい?【結論】乗り換える必要はないし両方保有する必要もない

 

悩む人

楽天VTIからS&P500に乗り換えた方がいいのかな?

高卒サラリーマン

結論からいうと、乗り換える必要はありません。

 

なぜなら、どちらも優良商品に変わりはないから。

 

実際に、どちらとも値動きはほとんど同じ。

 

✔︎2019年〜2021年までの過去3年間の値動き

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim S&P500』の値動きはほぼ同じ。

(出典:YAHOO!ファイナンス

 

 

高卒サラリーマン

すでにどちらかの商品を購入している人は、

  • 含み益が出ており、売却税が発生する
  • 乗り換え時期を失敗して機会損失に繋がる

こういったことが考えられるため、無理して乗り換える必要はないと思います。

 

それでも乗り換えたい人へ【乗り換え方法と注意点】

 

悩む人

それでも乗り換えたいんだけど……。

高卒サラリーマン

それでも乗り換えたい方に向けて、

  • 積立NISA
  • 特定口座

に分けて、乗り換え方法と注意点を解説します。

 

【乗り換えパターン2選】

  1. すでに購入している商品はそのまま保有し別の商品に変更する方法
  2. 今持っている商品は売却し別の商品を買い足していく方法

 

どちらも、損失を防ぐために有効な方法です。

 

積立NISAで既に積立した商品はそのまま保有しよう【売却→新しい商品を買うと損】

 

積立NISAの場合、『すでに購入している商品は売却はせずに保有し続けること』をオススメします。

 

なぜなら、積立NISAの非課税枠は1年間で最大40万円までしか使えないから。

 

非課税枠に限りがあります。

 

すでに購入していた商品を売却して、新しい商品を購入してしまうと、買い直した金額分の非課税枠は使えません。

 

高卒サラリーマン

積立NISAの商品を違うものに変えたくなった場合は

  1. 今まで購入していた商品はそのまま保有し続ける
  2. 今後積立NISAで買い付けしていく商品のみを変更

上記の方法で変更しましょう。

 

特定口座の場合は少しずつ切り崩しながら乗り換えていくのがオススメです

 

特定口座の場合は、『少しずつ切り崩しながら、新しい商品を購入していく』のがオススメです。

 

なぜなら、株価は常に変動し続けるから。

 

いきなり全ての資産を売却してしまうと、株価が安くなっているときに売り過ぎてしまう恐れがあります。

 

高卒サラリーマン

特定口座の場合、『少しずつ売却して、新しい商品を購入していく方法』をオススメします。

 

【おすすめの証券口座はどこ?】最もコスパの良い証券口座の見つけ方

 

【おすすめの証券口座はどこ?】最もコスパの良い証券口座の見つけ方

 

悩む人

どこの証券会社で投資信託を買えばいいの?

高卒サラリーマン

結論からいうと、『楽天証券』と『SBI証券』がオススメです。

 

理由を一つずつ、解説していきます。

 

主要ネット証券5社の比較表

 

ネット証券主要5社の比較結果は次の通りです。

 

✔︎【主要ネット証券5社の比較表】

※縦横にスクロールできます

【ネット証券/比較項目】【口座開設数】【取扱い投資信託】【ノーロード型(購入時手数料無料)】【ポイント投資/付与されるポイント】【積立NISA /対象商品数】【投信マイレージ/ポイント付与率】
(資産額に応じて貰えるポイント還元率のこと)
【クレジットカード決済機能/還元率】
楽天証券・5,080,140口座
(2020年12月末)
2,692本
(※『SBI・V・S&P500インデックス・ファンド』の取扱なし)
・取扱い投資信託全て無料
楽天ポイント
・〇
177銘柄
0.036%
(※『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の場合)
出典:『楽天証券

・5万円までの積立設定で楽天ポイント1%還元
SBI証券・6,036,230口座
(2021年3月末)
2,648本・取扱い投資信託全て無料
Tポイント/Vポイント
・○
175本
0.0374%〜0.0242%
(※『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』→0.0374%
(※『SBI・V・S&P500インデックス・ファンド』→0.0242%
出典:『SBI証券

・毎月5万円までの積立設定でVポイント0.5%〜還元
(※ご利用金額条件やキャンペーンを除いた場合)
(※つみたて投資ポイントアッププラン対象のカードであれば最大3%還元
au株コム証券・1,318,913口座
(2021年6月末)
1,413本
(※『SBI・V・S&P500インデックス・ファンド』の取扱なし)
・取扱い投資信託全て無料
Pontaポイント
・〇
157銘柄
0.005%
(※『MAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の場合)
出典:『au株コム証券
×
松井証券・1,354,685口座
(2021年6月末)
1507本(2021年7月末)
(※『SBI・V・S&P500インデックス・ファンド』の取扱なし)
・取扱い投資信託全て無料
(※『ひふみプラス』『eMAXIS Slim 先進国株式』『eMAXIS Slim 8資産均等型』のみ
松井証券ポイント
・〇
170銘柄
(月間平均保有金額)×{(販売会社が受け取る信託報酬率(税抜))- 0.3%)}×1/12
出典:『松井証券
×
マネックス証券・1,689,234口座
(2021年6月末)
1,219本・取扱い投資信託全て無料×
マネックスポイント
・〇
151銘柄
・『MAXIS Slim 米国株式(S&P500)』→0.03%
・『SBI・V・S&P500インデックス・ファンド』→0%
出典:『マネックス証券
×

 

証券口座を選ぶ際の注意点3つとは?

 

高卒サラリーマン

証券口座を選ぶ際の注意点は、次の3つです。

 

【証券口座を選ぶ際の注意点3選】

  1. eMAXIS Slim シリーズ』を取り扱っていること
  2. ポイント投資が出来ること
  3. ポイント還元率が良いこと
高卒サラリーマン

上記の3点は、『最終資産額に直結してくる』ので、しっかり比較するべきポイントです。

 

1位『楽天証券』

 

個人的に一番オススメする証券口座は『楽天証券』です。

 

1位:『楽天証券』

 

✔︎【選ぶ際の注意点3つは満たしているか?】

※スマホの方は横にスクロールできます

【注意点】【合否】
【eMAXIS Slim シリーズの取り扱い】・◎
eMAXIS Slim シリーズ全てを取り扱っている
【ポイント投資の有無】・◎
1ポイントから投資に充てることが可能。
【ポイント還元率の良さ】・◎
・『楽天クレジットカード決済』で積立投資設定をすれば、5万円まで1%還元(最大500P)貰える。
・→楽天カードはこちらから
・『eMAXIS Slim 米国株式』の投信保有ポイントも、他の証券口座と比較して0.036%と高め。

 

『楽天証券』を詳しくみてみる

『楽天カード』はこちらから

 

2位『SBI証券』

 

2位は『SBI証券』です。

 

2位:『SBI証券』

 

✔︎【選ぶ際の注意点3つは満たしているか?】

※スマホの方は横にスクロールできます

【注意点】【合否】
【eMAXIS Slim シリーズの取り扱い】・◎
eMAXIS Slim シリーズ全てを取り扱っている
【ポイント投資の有無】・◎
1ポイントから投資に充てることが可能。
【ポイント還元率の良さ】・○
・『三井住友クレジットカード決済』で積立投資設定をすれば5万円まで0.5〜還元(最大500P)貰える。
・『eMAXIS Slim 米国株式』の投信保有ポイントは、他の証券口座と比較して0.0374%と楽天証券以上。
※【2021年12月10日(金)まで限定。最大3%還元↓】
・通常カード:0.5%(対象カード+1%)還元
・ゴールドカード:1%(対象カード+1%)還元
・プラチナカード:2%(対象カード+1%)還元
→『対象の三井住友カードはこちら

 

『SBI証券』を詳しく見てみる

『三井住友カード』はこちら

 

【質問①】『投信保有ポイント』ってなに?

 

高卒サラリーマン

投信保有ポイントとは、『投資信託を保有している金額に対して還元されるポイントサービスのこと』です。

 

投信保有ポイントで手に入ったポイントは、そのまま投資に充てることも出来ます。

 

高卒サラリーマン

還元率が高いと、資産形成も有利に働きますよ。

 

【質問②】『クレジットカード決済積立投資』ってなに?メリットは?

 

高卒サラリーマン

クレジットカード決済とは、『毎月の積立投資の支払いをクレジットカード決済で済ますことが出来るサービス』です。

 

クレジットカード決済サービスのメリットは、『積立投資額に応じて定められている還元率分のポイント』が手に入ること。

 

クレジットカード決済サービスは、主要ネット証券5社の中だと、『楽天証券』と『SBI証券』しか対応していません。

 

【質問③】なぜ『eMAXIS Slim シリーズ』を取り扱っていることが重要なの?

 

高卒サラリーマン

eMAXIS Slimシリーズは、『運用コストが超低コストなため、限られたネット証券でしか取り扱っていない』からです。

 

eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)とは、『業界最安水準の信託報酬を目指し続けるファンドシリーズのこと』を言います。

 

信託報酬とは、『投資信託を保有している間に発生する運用コストのこと』です。

この信託報酬が低いほど、将来的な資産額も多くなります。

 

eMAXIS Slim シリーズ 運用コスト

(出典:『三菱UFJ国際投信』)

 

悩む人

なんで信託報酬を下げ続けることができるの?

高卒サラリーマン

eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)は、『受益者還元型信託報酬率』という方法で、信託報酬を決めているからです。

 

eMAXIS Slim イーマクシス・スリム 運用コスト

受益者還元型信託報酬率”とは、一定の純資産総額を超過した部分に、より低い信託報酬率が適用されるもので、全ての受益者に適用されます。

(出典:『三菱UFJ国際投信』)

 

eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)の投資信託を買う人が増えれば、信託報酬も低くなっていく仕組みになっています。

 

高卒サラリーマン

『eMAXIS Slim シリーズ』の取り扱いの有無は、『良い証券会社かどうか判断する指標』になりますよ。

 

迷ったら『楽天証券』でOK!【クレジットカード決済1%還元が神ってます】

 

高卒サラリーマン

迷う方は、5万円までの投資であれば『楽天証券』にしておきましょう。

 

なぜなら、『クレジットカード決済サービス』が神ってるからです。

 

 

『SBI証券』と比較してみても、通常カードの場合

  • 楽天証券は1%還元
  • SBI証券は0.5%還元

上記のように2倍の差があります。

 

現在『楽天カード』も同時に発行すると、最大で6,000P貰えます。

 

迷って決められない人は、まず『楽天証券』の口座開設がオススメです。

 

高卒サラリーマン

クレジカードも無料で作ることができ、年会費無料なので、忘れずに申し込みしてください。

 

『楽天証券』を詳しくみてみる

『楽天カード』はこちらから

 

【まとめ】楽天VTIもS&P500も優良商品。個人的にはS&P500がオススメ

 

 

【まとめ】楽天VTIもS&P500も優良商品。個人的にはS&P500がオススメ

 

本記事の内容をまとめると、次の通り。

 

✔︎【比較表】

※スマホの方は横にスクロールできます

※赤文字はどっちにも含まれるもの

【比較項目/商品名】【楽天VTI】【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
【指数(ベンチマーク)】CRSP US Total Market Index
・S&P500、中小型株を含む米国企業約3,600社の集まり。
・米国の時価総額(企業価値)の内、約100%をカバー。
S&P500
・米国の大企業500社の集まり。
・米国の時価総額(企業価値)の内、約80%をカバー。
【運用コスト】【信託報酬】年率0.132%
【実質コスト】年率0.209%
(出典:『楽天VTI 目論見書』2021年06月29日時点)
【信託報酬】年率0.0968%
【実質コスト】年率0.14%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年06月29日時点)
/td>
【上位10銘柄と比率】アップル(Apple):5.32%
マイクロソフト(Microsoft):4.41%
アマゾン(Amazon):3.64%
グーグル(Google):2.67%
フェイスブック(Facebook):1.72%
テスラ(Tesla):1.40%
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc):1.12%
ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson):1.09%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPMorgan Chase & Co.):1.01%
・VISA:0.97%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
アップル(Apple):5.7%
マイクロソフト(Microsoft):5.2%
アマゾン(Amazon):4.0%
フェイスブック(Facebook):2.1%
グーグル(Google)議決権あり:1.9%
グーグル(Google)議決権なし:1.9%
バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.):1.4%
テスラ(Tesla):1.4%
JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.):1.3%
ジョンソン&ジョンソン:(Johnson &Johnson)1.2%
(出典:『三菱UFJ国際投信 交付目論見書』2021年7月21日時点)
【セクター別構成比率】情報技術:26.24%
一般消費財:16.63%
資本財:13.83%
ヘルスケア:13.57%
金融:10.58%
生活必需品:5.19%
不動産:3.38%
・電気通信:3.35%
公益事業:2.98%
・エネルギー:2.31%
素材:1.95%
(出典:『CRSPINDEXES』2020年12月30日時点)
情報技術:27.6%
ヘルスケア:13.5%
一般消費財:12.7%
・コミュニケーション・サービス:10.8%
金融:10.4%
資本財:8.4%
・生活必需品:6.5%
公益事業:2.8%
素材:2.6%
不動産:2.4%
(出典:『マネックス証券』2020年12月31日時点)

 

高卒サラリーマン

どちらも優良商品であることには変わりありません。

 

個人的には、運用コストが低い『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』をオススメします。

 

すでにどちらかを購入していて、迷っている場合は、乗り換える必要はありません。

 

でも「どうしても自分は乗り換えたい!」と思っている方は、次のことに注意して乗り換えましょう。

 

【乗り換えパターン2選】

【積立NISA】

  1. 今まで購入していた商品はそのまま保有し続ける
  2. 今後積立NISAで買い付けしていく商品のみを変更する

【特定口座】

  1. 既存の商品を少しずつ売却
  2. 売却したお金で新しい商品を購入していく

 

『楽天VTI』と『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』を購入した人にオススメの証券口座は楽天証券』と『SBI証券』です。

 

1位:『楽天証券』

 

✔︎【選ぶ際の注意点3つは満たしているか?】

※スマホの方は横にスクロールできます

【注意点】【合否】
【eMAXIS Slim シリーズの取り扱い】・◎
eMAXIS Slim シリーズ全てを取り扱っている
【ポイント投資の有無】・◎
1ポイントから投資に充てることが可能。
【ポイント還元率の良さ】・◎
・『楽天クレジットカード決済』で積立投資設定をすれば、5万円まで1%還元(最大500P)貰える。
・→楽天カードはこちらから
・『eMAXIS Slim 米国株式』の投信保有ポイントも、他の証券口座と比較して0.036%と高め。

 

『楽天証券』を詳しくみてみる

『楽天カード』はこちらから

 

2位:『SBI証券』

 

✔︎【選ぶ際の注意点3つは満たしているか?】

※スマホの方は横にスクロールできます

【注意点】【合否】
【eMAXIS Slim シリーズの取り扱い】・◎
eMAXIS Slim シリーズ全てを取り扱っている
【ポイント投資の有無】・◎
1ポイントから投資に充てることが可能。
【ポイント還元率の良さ】・○
・『三井住友クレジットカード決済』で積立投資設定をすれば5万円まで0.5〜還元(最大500P)貰える。
・『eMAXIS Slim 米国株式』の投信保有ポイントは、他の証券口座と比較して0.0374%と楽天証券以上。
※【2021年12月10日(金)まで限定。最大3%還元↓】
・通常カード:0.5%(対象カード+1%)還元
・ゴールドカード:1%(対象カード+1%)還元
・プラチナカード:2%(対象カード+1%)還元
→『対象の三井住友カードはこちら

 

『SBI証券』を詳しく見てみる

『三井住友カード』はこちら

 

 

 

 

高卒サラリーマン

良ければ、下記の記事もご覧ください。

 

✔︎【合わせて読みたい】

【徹底比較】『emaxis slim 米国株式(S &P500)』と『VOO』はどっちがいい?『2558』・『SBI・V・S&P500』との違いも比較!
参考【どっち?】『eMAXIS Slim 米国株式(S &P500)』VS『VOO』VS『2558』VS『SBI・V・S&P500』の違いを比較

続きを見る

【比較】eMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)と米国株式(s&p500)はどっちがいい? 両方もつ意味とは?
参考【比較】eMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)と米国株式(s&p500)はどっちがいい? 両方もつ意味とは?

続きを見る

参考【サイドFIREにオススメな投資信託とは?】FIREの出口戦略『4%ルール』と『インデックス投資』の視点から厳選!

続きを見る










© 2022 高卒サラリーマンの初心者向け投資教室 Powered by AFFINGER5