スポンサーリンク

工場勤務の正社員の年収とは

スポンサーリンク
工場勤務
The following two tabs change content below.
高卒サラリーマン
  • 現在21歳で工場勤務3年目。
  • 偏差値40底辺高校を卒業後、地元の大手メーカーに就職。
  • “劣悪な人間関係”に耐えかねて、ブログなどを含めた副業、投資などを始め経済的自由“FIRE”を目指す事を決意
  • 現在の副業収益は月/数万前後で投資先は米国がメイン。
  • この“高卒ブログ”では主にFIRE達成までの過程を中心に発信中。
プロフィール詳細
 
悩む人
悩む人

工場勤務の年収が知りたい…。

 

 

工場勤務の年収って実際いくら位貰えているのでしょうか。

 

実は工場勤務の年収は想像以上に貰えている可能性が高いです。

 

今回は、実際に工場勤務で働いている僕が工場勤務の年収・出世制度などについて解説していきます。

 

※あくまで僕の勤めている会社を参考にして書いています

 

高卒
高卒

この記事はこんな人に役立ちます。

 

工場勤務の年収が知りたい人

工場勤務の出世事情が知りたい人

 

ぜひ最後まで見てください。

 

 

スポンサーリンク

工場勤務の年収は平均より貰える

 

結論からいうと工場勤務の年収は平均より高いです。

 

 

これは、僕の会社がというよりは業界的に見ても製造業の給料は良い方です。

 

(第11図)業種別の平均給与 国税庁より引用

 

特にメーカーは強いです。

 

皆さんが聞いたことのあるような自動車メーカーや家電メーカーや重機メーカーなど大企業の工場は給料が良いです。

 

僕の勤めている会社の規模なら大体これくらいは貰えます。

 

従業員数35000人

 

資本金1000億

 

平均年収600万円(工場勤務・高卒のみ)

 

中々貰えると思いませんか(笑)。

 

では次に製造業と全業界の年齢別での年収の中央値を比較してみましょう。

 

 

年代別で見る工場勤務と世間の給料水準の比較

 

まとめるとこんな感じです。

 

年代別の年収(中央値) 年収の中央値 自分の会社の場合(高卒のみ)
20代 約300万 約400万
30代 約410万 約600万
40代 約520万 約700万
50代 約530万 約750万
60代 約380万 約400万

 

残業時間・夜勤手当・役職手当・住宅手当・家族手当・通勤手当などで変わます

 

工場勤務の年収は全然悪くありませんよね(笑)。

 

高卒でお金を稼ぎたいなら大手メーカーが一番良いと思います。

 

その理由は他の記事でも書いているのでぜひ見てください。

 

 

では次に工場内での出世について見ていきましょう。

 

 

 

工場勤務の出世はどんな感じなのか

手順, 階段, 交流, 達成, 未来, プロモーション, 成功, 都市, 市

自分の会社はこんな感じになっています。

 

・一般作業員→班長→職場長→係長

 

詳しく解説していきます。

 

  役割 年収
一般作業員

・平社員的なポジション

・班長の指示に従い作業を遂行する

G1~G7までレベルが格付けされている

300万~750万
班長

10人弱の作業員をまとめるリーダー

・作業員の仕事を管理・指示し班や職場の改善に努める

・早くても30歳過ぎからなれる

700万~800万
職場長

30人前後の作業員や数人の班長をまとめる管理者。

・各班長を統制し、班や職場の改善・管理に努める

40歳過ぎでないとなれない

 

800万~900万
係長

50人以上の作業員含む班長・職場長を束ねる現場作業者のトップ

・職場長・班長を統制し、係全体の改善・管理に努める。

50歳前後から就ける

900万~1000万
高卒
高卒

ここから分かる事は

 

・役職に就くと年収が約100万ずつ変わってくる事

・一般作業員の中でもG1~G7までのレベルの格付けがされる事

 

一般作業員の格付けによる実態は次で詳しく解説していきます。

 

 

一般作業員のG系列について

一般作業員のG系列とはその人の職能レベルです。

 

ゲームでいう『強さ』だと思ってもらえれば良いかと思います(笑)。

 

G1→基本給が17万前後。21歳まで。

 

G2→基本給が20万強。21歳から26歳まで。

 

G3→基本給25万強。26歳から。

 

・G4→基本給30万強。個人の能力次第で時期は変わる。それ以降も同じ

 

・G5→基本給35万強

 

・G6→基本給が40万強

 

・G7→基本給が45万強

 

まとめるとこんな感じになっています。

 

どうですか?同じ作業者でもかなり変わると思いませんか(笑)

 

実は班長とG5が同程度の待遇という風に言われています。

 

ただ重要なのは給料が一緒という点ではありません

 

G5になるにはおそらく40代半ば

 

班長は30代半ば~30代後半で大体多くの人が付くので、年齢に開きがあるのに待遇が一緒という事を考えると役職に就くと一気に給料が上がることが分かります。

 

続いて工場勤務の昇給制度について解説していきます。

 

工場勤務の昇給制度

結論から言うと、こうなります。

 

定期昇給で毎年5000円UPする

 

毎年必ず昇給するので年齢が重ねるほど給料も増えていきます。

 

長く勤めていけば、誰でもそこそこの給料は貰えますが、若いうちの給料は安いので向上心のある人には辛いですね…(笑)。

 

ベースアップも会社側が毎年やってられるほど余裕がなくなってきたので、今後は期待できなさそうです…。

 

工場勤務だと昇給はしても、役職に就かないと給料にそこまで大きな変化はないと思います(笑)。

 

役職に就くデメリットも多数あるので必ずしも就くことが良いとは思いませんが…。

 

 

 

工場勤務は手当で稼いでると言っても過言ではない

 

工場勤務は手当で稼いでるといっても過言ではないと思います。

 

時間外手当

 

交代勤務手当

 

これらがどれ位あるかなどで同じ基本給でもかなり差が出ます

 

時間外手当は基本給に30%割り増しされます。

 

交代勤務手当は基本給に55%割り増しされます。

 

僕の会社の場合ですと、二交代制8:30~17:30までと20:30~5:30までが定時となっています。

 

夜勤の頻度としては昼勤2週間して夜勤1週間行うペースですね。

 

隔週夜勤のある会社だと僕たちの会社よりもっと給料が良いと思いますね。

 

二交代制なので、残業は基本的に一日最大3時間までとなっています。

 

交代勤務手当が発生するのは22:00~5:00までの時間帯に働いていた場合のみです。

 

高卒
高卒

ここから僕の給料をベースにどれ位手当が占めているのかシュミレーションしてみます。

 


 

 

まず僕(高卒社会人3年目)の基本給は17万5千円を元に計算していきます。

まずは残業手当から求めていきます。

 

①一か月の平均労働時間を求めます。

一か月の平均労働時間

一年間の出勤日数(365日ー127日)×一日の所定労働時間(8時間)12か月=158時間

 

②時給を求めます。

時給

 

(175,000)÷158=1,107円

 

これが僕の時給ですね。低いですね(笑)。

 

時間外手当を求めていきます。

 

一時間当たりの賃金(1,107円)×割増率(1.3)×平均残業時間(25時間)=35,977円

 

残業手当が35,977円と求められました。

 

 

次に交代勤務手当を求めていきます。

 

①深夜割増分

 

一時間当たりの賃金(1,107円)×割増率(0.55)×平均交代勤務時間(一日6時間×5日)18,265円

 

これで深夜割増分が18,265円と求められました。

 

さらにここで付け加えるものがあります。

 

夜勤の時に残業した分の時間外手当も時間外手当に入るのではなく、交代勤務手当に一緒に含まれます

 

夜勤の時の時間外手当も基本給の30%割り増しになります。

 

なので、夜勤の週に毎日2時間夜勤をした場合以下のようになります。

 

夜勤の時間外手当分→一時間当たりの賃金(1,107円)×割増率(0.3)×合計残業時間(2時間×5日)=3,321円

これで夜勤の時間外手当分が3,321円と求められました。

 

最後に深夜割増分と夜勤の時間外手当を足していきます

交代勤務手当

 

深夜割増分(18,265円)+夜勤の時間外手当(3,321円)21,586円

 

交代勤務手当が21,586円と求められました。

 

④残業手当(35,977円)+交代勤務手当(21,586円)=57,563円

 

なので残業手当・交代勤務手当を合わせると、57,563円になります。

 

そうなると僕の手取り額の1/3近くを占めていく割合になるので、この手当がないと給料はかなり変わってきますね…。

 

勿論、残業時間がもっと多かったりや夜勤の週が月に2回ある時などはここからさらに数万円違ってきますね

 

 

工場勤務は給料は良い

フランクフルト, メイン, スカイライン, 嵐雲, ドイツ, 高層ビル, 市

まとめると、工場勤務の給料はそこそこ貰えると言えると思います。

 

僕の会社の規模だとこんな感じなので、僕の会社よりもっと大きい規模の会社だともっと貰えるだろうし、逆にそこまでの規模じゃない所はこれより貰えないかもしれません…。

 

今回は工場勤務の年収についてまとめていきました。

 

これからも工場勤務の実態について細かく解説していきます。

 

 

【Twitter】https://twitter.com/40MENTALLER

 

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCWN0exU0UbUXlvSeikkhw8w?view_as=subscriber

コメント

タイトルとURLをコピーしました