【サイドFIRE】

【特徴3選】セミリタイアとアーリーリタイアの意味と違いについて解説‼︎

スポンサーリンク

悩む人

・セミリタイアとアーリーリタイアの違いが良く分からない…。

・それぞれのメリットとデメリットは何なの?

・それぞれ向いてる人の特徴は?

よくわからないので、詳しい方ぜひ教えてください!

 

「何十年も会社員として働き続けることに行き詰まりを感じていませんか?」

 

近年こういった悩みを抱えている人たちの間で『セミリタイア』や『アーリーリタイア』といった生き方に注目が集まっています‼︎

 

しかし、それぞれ似たような言葉なので意味が混同してしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

高卒サラリーマン
今回はこういった疑問に答えます!

 

この記事を書いた人

  • 40歳までのセミリタイアを目指してます!

  • 早期リタイアに関する本は10冊以上読破!

  • 実際にセミリタイア・アーリーリタイアした人のブログを参考!

  • Twitterのフォロワー約6,000人‼︎👇

  • ※Twitter(@KOUSOTSUMANN)でも発信中‼︎

 

本記事の内容

  • セミリタイアとアーリーリタイアの意味と違いについて解説!
  • セミリタイアとアーリーリタイアのメリット・デメリット【3選】
  • それぞれの生き方に向いてる人の特徴【3選】

 

高卒サラリーマン
この記事を読むと、こんなメリットが得られます‼︎

 

この記事を読むメリット

  • ・『セミリタイア』と『アーリーリタイア』の意味や、特徴の違いが明確に分かる様になる‼︎
  • ・それぞれのメリット・デメリットを網羅的に知る事が出来る‼︎
  • ・『セミリタイア』と『アーリーリタイア』どっちの生き方が向いているのか、判別する事が出来る‼︎

 

高卒サラリーマン
本記事の内容を簡潔にまとめました‼︎👇

 

【セミリタイア】【アーリーリタイア】
【生き方】早期退職して不労所得+少しの労働で生きる。早期退職して不労所得のみで生きる。
【メリット】①実現可能性が高い事。

②堕落し過ぎずに済む事。

③環境の変化に対応しやすい事。

①働かなくても良い事。

②自由な時間が膨大にある事。

③心からやりたい仕事が出来る事。

【デメリット】①周りから理解されづらい事。

②再就職が厳しくなる事。

③働く必要がある事。

①実現可能性が低い事。

②社会的繋がりが途絶える事。

③環境の変化に対応しづらい事。

【向いてる人の特徴】①早く自由になりたい人。

②働く事が好きな人。

③自分で稼げる人。

①働きたくない人。

②資産が沢山ある人。

③定年間際まで働く意志のある人。

【必要な金額の目安】・3,000万円~5,000万円。

※年齢・家族構成などで個人差あり。

・7,000万円~。

※年齢・家族構成などで個人差あり。

※スマホの方は横にスクロールできます!

 

高卒サラリーマン
それでは詳しく見ていきましょう!!



セミリタイアとアーリーリタイアの意味と違いについて解説!

 

セミリタイアとアーリーリタイアの意味と違いについて解説!

 

【セミリタイアとアーリーリタイア】

セミリタイアとは適度に働きながら自由な時間を謳歌する生き方!

アーリーリタイアとは会社を早期に退職して不労所得のみで生活していける状態!

 

セミリタイアとは?

 

高卒サラリーマン
セミリタイアとは適度に働きながら自由な時間を謳歌する生き方です!

 

ですが明確な定義は定まっていません。

 

【セミリタイアの意味】

・セミ(semi)→『半分』

・リタイア(ritaia)→『退職』

 

セミ』という意味が『半分』である以上生きたいくためのお金を半分以上を不労所得で賄えれば、セミリタイアしていると言えそうです!

 

【不当所得とは】

労働せずに得られる収入の事!

・配当金

・不動産所得

・ストック型のビジネスなど

 

不労所得を持たないといけないの…?

 

悩む人
『不労所得が無いといけないの?なんかむずかしそう…。』

 

今はネットでも沢山情報が出回っていますので、安心してください!

 

投資のやり方については解説した記事があるので良かったらご覧ください!

 

 

【まとめ】

まとめるとセミリタイアとは生活費を不労所得から半分以上賄えている状態!

 

アーリーリタイアとは?

 

高卒サラリーマン
アーリーリタイアとは、会社を早期に退職し不労所得のみで生活していける状態です!

 

【アーリーリタイアの意味】

・アーリー(early)→『早期』

・リタイア(ritaia)→『退職』

 

アーリーリタイアとは早期に会社を辞めても、生きていける人たちのことを指します!

 

【アーリーリタイアした人とは】

【会社を30代〜50代など早期退職】

・配当金&利子所得

・不動産所得

・ストック型のビジネス

退職後はこういった不労所得のみで生きている!

 

早期退職とアーリーリタイアは何が違うの?

 

悩む人
『早期退職とアーリーリタイアは何が違うの?』

 

このように疑問に感じた方もいるかもしれないので答えます!

 

【早期退職】【アーリーリタイア】
早期に退職し、資産を切り崩しながら生活している。早期に退職し、不労所得のみで生活している。

※スマホの方は横にスクロールできます!

 

定年退職よりも早く退職し不労所得のみで生活している人たちはみんなアーリーリタイアしていると言えます。

 

ですが早期退職は、資産を切り崩しながら生活している人です。

 

【不労所得の特徴】

・不労所得はそこからお金が生み出し続けてくれる仕組みがある。

・資産額は減らないが安定してお金を手に入れる事が出来る。

 

高卒サラリーマン
不労所得がある人は、お金がお金を生み出す仕組みを持ってるんだよ!

 

【まとめ】

アーリーリタイアとは、会社を早期に退職し不労所得のみで生活している状態と言える!

 

セミリタイアとアーリーリタイアの比較!

 

高卒サラリーマン
セミリタイアとアーリーリタイアの最大の違いは働くか働かないかです‼︎

 

セミリタイアは半分リタイアしたいる状態、つまり残り半分(足りない分)は働かないといけません。

 

ですがアーリーリタイアは早期退職し完全にリタイアしている状態なので働く必要はありません!

 

【セミリタイアの例】

【生活費が20万円の場合】

・10万円は不労所得で補う。

・残りの10万円は労働で稼ぐ。

 

【アーリーリタイアの例】

【生活費が20万円の場合】

・全て不労所得で賄える!=自由‼︎

 

セミリタイア→アーリーリタイアは可能?

 

悩む人
『セミリタイアからアーリーリタイアのような暮らしにもなれるの?』

 

高卒サラリーマン
もちろんなれます!

 

セミリタイアしてから自由な時間で不労所得をさらに伸ばすことができれば、アーリーリタイア状態になることも可能ですよ!

 

セミリタイアとアーリーリタイアのメリット・デメリット【3選】

 

セミリタイアとアーリーリタイアのメリット・デメリット【3選】

 

【結論】

セミリタイアのメリット

①実現可能性が高い事。

②堕落し過ぎずに済む事。

③環境の変化に対応しやすい事。

セミリタイアのデメリット

①周りから理解されづらい事。

②再就職が厳しくなる事。

③働く必要がある事。

アーリーリタイアのメリット

①働かなくても良い事。

②自由な時間が膨大にある事。

③心からやりたい仕事が出来る事。

アーリーリタイアのデメリット

①実現可能性が低い事。

②社会的繋がりが途絶える事。

③環境の変化に対応しづらい事。

 

高卒サラリーマン
詳しく解説していきます!

 

セミリタイアのメリット【3選】

 

高卒サラリーマン
セミリタイアのメリットは以下の3つ‼︎

 

【セミリタイアのメリット】

①実現可能性が高い事。

②堕落し過ぎずに済む事。

③環境の変化に対応しやすい事。

 

①実現可能性が高い事

 

高卒サラリーマン
セミリタイアのメリットは実現可能性が高いところです‼︎

 

生活費の全てを賄えなくても達成できるので、少し頑張れば誰でも手が届く生き方だと思います!

 

②堕落し過ぎずに済む事

 

高卒サラリーマン
セミリタイアだと適度に働く必要があるので、アーリーリタイアよりも堕落した生活になりずらいのではないかと思ってます!

 

【理由】

『選択肢が多すぎるほど、困ることはない!』

 

自由すぎると却って人間は困惑し不幸に感じる人も多いと聞きます。

 

セミリタイアはその点やるべきことがアーリーリアイアに比べて見出せやすい気がするので、堕落しすぎる事を防げるのではないかと思いました!

 

③環境の変化に対応しやすい事

 

セミリタイアは半分は働いている生活なので、環境の変化に合わせやすいのではないかと思ってます!

 

すでに働いていれば、お金がもっと必要になった時が来ても、今よりもっと働けばいいだけだし、働くリズムもできているので変化に対応しやすいと思います!

 

セミリタイアのデメリット【3選】

 

高卒サラリーマン
セミリタイアのデメリットは以下の3つ‼︎

 

【セミリタイアのデメリット】

①周りから理解されづらい事。

②再就職が厳しくなる事。

③働く必要がある事。

 

①周りからの理解が得られづらい事

 

セミリタイアという生き方は、周りの人に理解されづらいかもしれません。

 

・『なんでまだ働く必要があるのに、わざわざ会社を辞めるのか?』

・『子供やパートナーの生活のことも考えたら会社員でいた方がいいのではないか?』

 

こういった反対意見を押し付けられる可能性も全然あり得るのでぶれない強い意志が大切になってきます!

 

②再就職が厳しくなる事

 

一度レールからはじれた生き方をすると、また会社員として再就職するハードルがグッと高まります!

 

『会社を辞めた時は会社員なんてもうやりたくない!少しの労働だけで生きていける!』

 

リタイア直後はこんな風に思っていても、何年か経ったらもっと働く必要に迫られるかもしれません…!

 

そんな時に年齢や職歴が足を引っ張り、再就職できなくなる事も十分に考えられるので注意が必要です!

 

③働く必要がある事

 

セミリタイアは完全に働かんくてもいいわけではありません。

 

生きていくために少しは労働する必要があるので、働くことが嫌いな人には辛いかもしれません。

 

アーリーリタイアのメリット【3選】

高卒サラリーマン
アーリーリタイアのメリットは以下の3つ‼︎

 

【アーリーリタイアのメリット】

①働かなくても良い事。

②自由な時間が膨大にある事。

③心からやりたい仕事が出来る事。

 

①働かなくてもいい事

 

高卒サラリーマン
アーリーリタイアの一番のメリットはやっぱり、働かなくてもいいことだと思います!

 

これぞ、まさに自由!

 

好きな時に好きな事を好きな様にすることができるのは、アーリーリタイアの最大の魅力かなと思います!

 

②自由な時間が膨大にある事

 

働かなくてもいいので、膨大な自由な時間を手に入れることができます!

 

時は金なり

 

という言葉が存在するように、時間はお金に負けないくらい貴重なもの!

 

一度過ぎた時間は取り戻せないので、自由な時間が多い人はそれだけで恵まれていると思います!

 

③心からやりたい仕事が出来る事

 

生活の為に働かなくてもいいので、本当にやりたかった仕事にも挑戦することができます!

 

『本当はやりたかったけど、収入もないし諦めていたんだよね…』

 

と感じていた人も、アーリーリタイアすればそういった仕事も選ぶことができます!

 

アーリーリタイアのデメリット【3選】

高卒サラリーマン
アーリーリタイアのデメリットは次の3つ‼︎

 

【アーリーリタイアのデメリット】

①実現可能性が低い事。

②社会的繋がりが途絶える事。

③環境の変化に対応しづらい事。

 

①実現可能性が低い事

アーリーリタイアのデメリットは実現可能性が低いことです!

 

セミリタイアと比べても達成難易度は高めかなと思います。

 

②社会的繋がりが途絶える事

働かなくなれば、社会的繋がりは途絶えてしまいます…。

 

社会的繋がりが途絶えれば、寂しさや不安が押し寄せてきて不幸に感じる人もいるかもしれません!

 

③環境の変化に対応しづらい事

完全に働かない生活を送り続けたら、万が一働く必要が出てきたりした時に苦労すると思います。

 

なので僕はアーリーリタイアすると、普通に働く生き方に慣れにくい気がしますね。

 

それぞれの生き方に向いてる人の特徴【3選】

 

それぞれの生き方に向いてる人の特徴【3選】

 

【結論】

【セミリタイアに向いてる人】

①早く自由になりたい人。

②働く事が好きな人。

③自分で稼げる人。

【アーリーリタイアに向いてる人】

①働きたくない人。

②資産が沢山ある人。

③定年間際まで働く意志のある人。

 

高卒サラリーマン
それぞれ詳しく解説していきます!

 

セミリタイアに向いている人の特徴【3選】

セミリタイアに向いている人の特徴は以下の通り。

 

【セミリタイア適正あり】

①早くに自由になりたい人

②働くことが好きな人

③自分で稼げる人

 

①早くに自由になりたい人

早く自由になりたい人は、セミリタイアに向いています!

 

高卒サラリーマン
僕も早く自由になりたいので、セミリタイアを目指してます!

 

セミリタイアであれば少ない人なら1,000万円あれば行けるという意見もあるくらいなのでハードルは低めです!

 

②働くことが好きな人

働くことが好きな人も、セミリタイアはオススメです!

 

半分以上は働くような生き方なので、働くことが嫌じゃなければすぐに実現できると思います!

 

待遇面をあまり気にせずに仕事を選べるので、やりたかった仕事に挑戦してみるのも良いかもしれません!

 

③自分で稼げる人

自分で稼げる人もセミリタイアに向いています!

 

こういう人は、自分で働く時間を調整しやすかったりするのでセミリタイアという生き方と相性がいいです!

 

アーリーリタイアに向いてる人【3選】

アーリーリタイアに向いている人の特徴は以下の通り。

 

【アーリーリタイア適正あり】

①働きたくない人。

②資産が沢山ある人。

③定年間際まで働く意志のある人。

 

①働きたくない人

働きたくない人はアーリーリタイアにむいています!

 

アーリーリタイアしてしまえば、働かなくて良いので目指してみても良いかもしれません!

 

②資産が沢山ある人

すでに資産がたくさんある人は、アーリーリタイアすることが可能です!

 

こういう人は、マネーリテラシーも高くて、いつでもアーリーリタイアできるの好きな仕事をして働き続けていくパターンも多かったりします。

 

③定年間際までは働くつもりのある人

会社員や公務員の方で定年間際まではたらく意志のある人もアーリーリタイアに向いています!

 

こういう人は20代、30代から準備していけば億り人も狙えます。

 

なので退職後は自由なセカンドライフが送れるかと!

 

僕が思う理想の生き方について!

自分はセミリタイアの様な働き続ける生き方もありだと思ってます!

 

不労所得がある程度あれば、嫌な仕事はやらなくて良いですし、好きな仕事ならずっと携わりたいと思っているからです。

 

セミリタイアなら少し休みたいなと思えば、仕事を中断して休みを満喫しても良いですし、若い時から少しでも自由な時間は欲しいなと思っているのも大きいですね!

 

セミリタイアとアーリーリタイアってどれくらいの資金が必要なの?

悩む人
『セミリタイアとアーリーリタイアってどれくらいの資金が必要なの?

 

【セミリタイア】【アーリーリタイア】
【必要な金額の目安】・3,000万円~5,000万円。

※年齢・家族構成などで個人差あり。

・7,000万円~。

※年齢・家族構成などで個人差あり。

※スマホの方は横にスクロールできます!

 

年齢や家族構成で生活費も変わってくるので、一度自分のライフスタイルを見つめ直してみる事をオススメします!

 

高卒サラリーマン
セミリタイアとアーリーリタイアを実現するために一体いくら必要なのか、もっと詳しく知りたい方は是非こちらの記事もご覧ください!

 

 

【まとめ】セミリタイアとアーリーリタイアの違いについて

 

【まとめ】セミリタイアとアーリーリタイアの違いについて

 

【まとめ】

【セミリタイア】【アーリーリタイア】
【生き方】早期退職して不労所得+少しの労働で生きる。早期退職して不労所得のみで生きる。
【メリット】①実現可能性が高い事。

②堕落し過ぎずに済む事。

③環境の変化に対応しやすい事。

①働かなくても良い事。

②自由な時間が膨大にある事。

③心からやりたい仕事が出来る事。

【デメリット】①周りから理解されづらい事。

②再就職が厳しくなる事。

③働く必要がある事。

①実現可能性が低い事。

②社会的繋がりが途絶える事。

③環境の変化に対応しづらい事。

【向いてる人の特徴】①早く自由になりたい人。

②働く事が好きな人。

③自分で稼げる人。

①働きたくない人。

②資産が沢山ある人。

③定年間際まで働く意志のある人。

【必要な金額の目安】・3,000万円~5,000万円。

※年齢・家族構成などで個人差あり。

・7,000万円~。

※年齢・家族構成などで個人差あり。

※スマホの方は横にスクロールできます!

 

どちらのも良さがあるので、一度自分が本当に生きたい生き方について見つめ直してみるのも良いかなと思います!

 

最後に僕が読んだFIREなどについて勉強になった本を紹介しておきます!

 

ぜひ自分の人生を見つめ直す参考にしてみてください!

 

高卒サラリーマン
最後まで読んでいただきあろがとうございます!

ポチッと押して頂けると、励みになります!👇

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

 

 










© 2021 高卒サラリーマン Powered by AFFINGER5