【FIREの失敗事例を解説!】早期リタイアで失敗しない対策方法【5選】

【サイドFIRE】 【サイドFIRE後の生活】

【FIREの失敗事例を解説!】早期リタイアで失敗しない対策方法【5選】

スポンサーリンク




 

悩む人

・FIRE目指してるんだけど、失敗しないか不安…。

・一体いくら必要なんだろう…。

・大きな出費が発生したらどうしよう…。

・資金を準備出来る自信がない…。

詳しい方、ぜひ教えてください‼︎

 

高卒サラリーマン
こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いた人

  • 40歳までのサイドFIREが夢。
  • 月15万円〜資産形成。
  • 目標は5,000万円。
  • 必要最適金額は3,800万円。
  • Twitterのフォロワー7,700人以上。
  • Twitter(@KOUSOTSUMANN

 

本記事の内容

  • 【FIREとは?】経済的に自立して早期リタイアすること

  • FIREを目指す人たちが近年増えている理由3つ

  • 早期リタイアで失敗しないための対策方法【5選】

  • FIREするにはいくら必要?【結論】年間生活費×25年分

  • サイドFIREならもっと少ない金額で自由になれる

 

お金のために我慢して働くより、早期リタイアして楽しく暮らしたい。

 

仕事のストレスから解放されて毎日を悠々自適に過ごしたい。

 

「でも安定している会社員を辞めるのは不安…。

 

高卒サラリーマン
こういったことで悩んではいませんか?

 

この記事を読むと、『FIRE』で失敗しない5つの対策方法を知ることができます。

 

なぜなら、僕自身も『サイドFIRE』することを目標にしているからです。

 

実際に、ネット上の情報はFIREしていない人達が作った現実味に欠ける話ばかり。(悲しみ)

 

どれくらいの資金があれば、不安なく会社を辞められるのか分からず、疑問を抱えている方もいると思います。

 

この記事では、実例を元に、FIREで失敗する原因とその対策方法5つを超わかりやすく解説していきます。

 

高卒サラリーマン
この記事を読み終える頃には、FIRE後の生活の不安はかなり軽くなるはずです

 

この記事を読むメリット

  • FIREの失敗事例がわかる。
  • 具体的な対策方法がわかる。
  • FIREに必要な金額を細かく知ることができる。

 

高卒サラリーマン
本記事の内容を簡潔にまとめると次のとおりです

 

【結論】

※スマホの方は横にスクロールできます。

【FIREを目指す人たちが増えている理由】 【FIREした人たちの失敗実例】 【FIREで失敗しない対策方法】
①仕事中心のライフスタイルからプライベート重視へと価値観が変化

②日本の雇用型制度の崩壊化

③働き方の多様化

①資金が足りなくなる

②社会的な繋がりが薄れて孤独感に苛まれる

③生きる目的を見失う

①働き続けること

②自分の生活費+@で現金500万円くらいを手元に置いておく

③SNSやブログなどで自分のことを発信する

④人と関われるコミュニティに参加してみる

⑤一人でも楽しめる低コストな趣味を始める

【必要な金額の目安】(万円) 【FIRE到達ライン】
毎月15万円の場合 4,500万円
毎月20万円の場合 6,000万円
毎月25万円の場合 7,500万円
毎月30万円の場合 9,000万円
毎月35万円の場合 1億500万円
毎月40万円の場合 1億2,000万円
毎月45万円の場合 1億3,500万円
毎月50万円の場合 1億5,000万円

※税引は考慮していません。

 

高卒サラリーマン
それでは詳しく解説していきます。



【前提知識①】FIREとは経済的に自立して早期リタイアすること

 

【FIREとは?】経済的に自立して早期リタイアすること

 

悩む人
そもそも“FIRE”とはどういう意味なの?」

 

【FIREとは?】

・経済的に自立して早期リタイアすること。

※FIREは英語の

「Financail Independent、Retire Early」の略。

 

FIREと早期リタイアは一見混同しがちです。

 

経済的に自立して早期退職した状態をFIRE。

定年よりも早くに退職して働かずに暮らすことを早期リタイア。

 

※スマホの方は横にスクロールできます!

【早期リタイア 【FIRE】
早期に退職し、資産を切り崩しながら生活している。 早期に退職し、資産所得のみで生活している。

 

高卒サラリーマン
こういう認識でOKです

 

【前提知識②】FIREを目指す人たちが近年増えている理由【3選】

 

FIREを目指す人たちが近年増えている理由【3選】

 

近年FIREを目指す人達が増えている背景には次の3つが考えられます。

 

【増えている要因3つ】

①仕事中心のライフスタイルからプライベート重視へと価値観が変化

②日本の雇用型制度の崩壊化

③働き方の多様化

 

昨今の日本では若い人を中心に、仕事中心のライフスタイルから自分の時間を大切にする価値観に変化しています。

 

また日本の雇用型制度の代名詞である”終身雇用型制度”と“年功序列”などが崩壊しつつあります。

 

そういった背景にくわえて、ネットが普及したことにより個人でも稼ぎやすくなりましたよね。

 

高卒サラリーマン
こういった要因から自分らしく生きられる“FIRE”という生き方に注目度が高まっていたのだと考えられます。

 

【まとめ】

【FIREを目指す人が増えている要因3つ】

①仕事中心のライフスタイルからプライベート重視へと価値観が変化

②日本の雇用型制度の崩壊化

③働き方の多様化

 

FIREの失敗事例を3つ紹介

 

FIREの失敗事例を3つ紹介

 

さて本題であるFIREで失敗してしまう要因は次のとおりです。

 

【失敗する要因3つ】

  1. 資金が足りなくなる
  2. 社会的な繋がりが薄れて孤独感に苛まれる
  3. 生きる目的を見失う

 

FIREを達成するまではあれほど強く望み渇望していた自由な時間も、FIREで失敗してしまったら水の泡です。

 

高卒サラリーマン
一つずつ詳しく解説していきます。

 

①資金が足りなくなる

 

FIRE後に資金が足りなくなる失敗事例はかなり多いです。

 

FIRE後に発生する突発な出費がおもな原因ですね。

 

たとえば“自分や家族の医療費”や“親の介護費用や葬式代”などが挙げられます。

 

高卒サラリーマン
具体的にどれくらい掛かるのか大まかな目安を載せておきます。

 

【考えられるFIRE後の出費】

【合計金額】:500万円以上。

【内訳】↓

・【医療費】:300万〜400万円以上。

・【介護費用】:合計約36万円。

(月平均7.8万円で介護年数は平均4.7ヶ月。)

・【葬式代】:約200万円

※参考元:公益財団法人生命保険文化センター

※参考元:日本消費者協会 2017年葬儀についてのアンケート調査

 

高卒サラリーマン
こういった資金が用意できないと資金が足りなくなることに繋がるようです。

 

高額医療用制度とは医療費を免除してくれる制度

 

高額医療用制度”を利用すると、高い医療費の負担も少なくて済みます。

 

悩む人
「そもそも高額医療用制度ってなに?」

 

【高額医療用制度とは?】

高額医療用制度とは

医療機関や薬局の窓口で支払った月間の医療費(※1)に対して上限額以上を支給する制度。

※1)医療機関や薬局の窓口で支払った月の初めから終わりまでの額。

入院時の食費負担や差額ベッド代などは含みません。

 

高卒サラリーマン
高額医療用制度は国が所得にあわせて一定額以上の医療費を負担してくれるお得な制度ですよ。

 

【69歳以下の場合の上限額】

※スマホの方は横にスクロールできます。

【年収】(万円) 【上限額】
【住民税非課税者】 35,400円
【~約370万円】 57,600円
【約370~約770万円】 80,100円+(医療費-267,000)×1%
【年収約770~約1,160万円】 167,400円+(医療費-558,000)×1%
【1,160万円~】 252,600円+(医療費-842,000)×1%

※参考サイト

 

高卒サラリーマン
これ以上の金額になった医療費は国が負担してくれるため免除されます。

 

しかしこの制度が利用できない医療費が一部あります。

 

【高額医療用制度対象外のもの】

・入院時の食事代

・差額ベット代

・先進医療

 

高卒サラリーマン
この対応しきれない部分に関しては、各自で備える必要がありますね。

 

大抵の人は医療費の備えは100万から200万円あれば十分

 

結論からいうと、医療費に関しては“100万円〜200万円”用意できれば十分です。

 

なぜかというと、それ以上用意しても使う可能性が限りなく低いからです。

 

高卒サラリーマン
とはいうものの、実は医療費は最大で約300万〜400万円くらい掛かることがあることもあるんです。

 

約300万〜400万円必要になるケースは先進医療”と呼ばれる未発達未研究分野の医療費を利用する場合のみ

 

約300万〜400万円必要になるケースは

先進医療”と呼ばれる未発達未研究分野の医療費を利用する場合です。

 

【先進医療とは?】

公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術などのこと。

 

先進医療に関してかんたんに補足すると、大多数の人はまず利用することがない医療費だという認識でOKです。

 

高卒サラリーマン
なので医療費の備えは100万円〜200万円くらいあれば十分だと思います。

 

【まとめ】

・FIREの失敗する原因は一つは資金が足りなくなること。

500万円ほどの出費は発生してくると考えたほうがいい。

(例)

【医療費】:最大300万〜400万円以上。

※高額医療用制度が使えない場合

・【介護費用】:合計約36万円。

(介護費用の平均額は月約7.8万円。平均介護年数は平均4.7ヶ月。)

・【葬式代】:約200万円

 

②社会的な繋がりが薄れて孤独感に苛まれる

 

実はFIRE後に社会的な繋がりが薄れて孤独感に苛まれる事例が結構多いです。

 

おもな原因は、働かなくなり人と関わる機会が減るからだと考えられます。

 

実際に早期退職した

【セミリタイア失敗 40代独身無職の末路】のブログ筆者もこのように語っています。

 

【失敗実例】

ブログ筆者は最初はリタイア後の生活を満喫していたんだよ。

けどだんだんと孤独感に耐えられなくなって、精神的に病んでいくし毎日生きてても全く楽しくなくなったよ……。

 

高卒サラリーマン
社会的な繋がりが薄れ、孤独感に苛まれてる事例はこの筆者以外にもかなり多いのです。

 

【まとめ】

・FIRE後に働かなくなると、人と関わる機会が減って孤独感から鬱病になりやすい。

・実際にこういった症状になるFIREマンはとても多い

 

③生きる目的を見失う

 

FIRE後に生きる目的を見失い悩むケースもかなり多いです。

自由な時間が手に入ると、どう過ごしていいのか分からなくなるそうです。

 

【読者A:セミリタイアへの道ブログ】の筆者によると

 

【リタイア後の筆者の心の中】

(なんで生きているのか分からない……。)

(生きる意味がわからなくなってきた……。)

 

リタイア後の生活が長引くにつれて、しだいにこんなふうに感じていったそうです。

 

高卒サラリーマン
自由な時間をどう過ごしていいのかわからなくなるって“社畜”の名残な気がする……。

 

【まとめ】

実際に自由な時間が手に入ると、どう過ごしていいのか分からなり生きる目的を見失い悩むケースが結構多い。

 

FIREで失敗しないための対策方法【5選】

 

FIREで失敗しないための対策方法【5選】

では本記事のメインテーマであるFIREで失敗しない対策方法について5つ紹介していきます。

 

【対策方法5選】

  1. 働き続けること
  2. 自分の生活費+@で現金500万円くらいを手元に置いておくこと
  3. SNSやブログなどで自分のことを発信すること
  4. 人と関われるコミュニティに参加してみること
  5. 一人でも楽しめる低コストな趣味を始めること

 

FIRE後の失敗要因は大きく分けて

お金”と“人間関係”の2つに集約されています。

 

高卒サラリーマン
それでは1つずつ解説していきます。

 

①働き続けること

 

まず根本的な解決策は、働き続けることです。

 

悩む人
「え? 働きたくないよ…。

 

そういった声があちこちから聞こえてきますね。

でも働くといっても、嫌な仕事はしなくていいので安心してください。

 

実は働くことでお金の問題や孤独感などの問題を解決することができます。

 

高卒サラリーマン
FIREした人は好きなペースで働くことを選ぶことが可能ですし働く方がむしろ幸せになれる気がしますね。

 

FIREした人の9割以上は自主的に働いている。

 

悩む人
でも……。

せっかくFIREしたのに働くなんてあんまりだ……。

 

そう思う気持ちは痛いほどよく分かります。

ですが実際にFIREを実現した人のほとんどが、数年後に自主的に働きだしています。

 

高卒サラリーマン
働くことって、本来は楽しくて、素晴らしいことだと思います。

 

結婚すれば孤独感も減るかも?

 

悩む人

「働かずに、孤独感を減らす方法はないのかな?」

 

高卒サラリーマン

結婚すれば孤独感は減ると思います。

 

なぜなら、

  • 話し相手
  • 自分を必要としてくれる人

こういった存在ができるからです。

 

実際に、『2016年ソロ男プロジェクト調査』によると、未婚者の方が幸福度が低いでというデータが出ています。

 

未婚と既婚、男女年代別に調べたところ、確かに既婚者のほうが男女ともに幸福度が明らかに高いものになりました。

既婚者の場合は、年代が上がるごとに若干幸福度は下がる傾向はありますが、ほぼ全年代で8割以上が幸福であると答えています。

男女問わず、全ての年代で既婚者よりも、未婚者の幸福度の方が低い

出典:『2016年ソロ男プロジェクト調査

 

高卒サラリーマン

  • 30代
  • 40代
  • 50代

それ以降の人生を考えたとき、『孤独感』『寂しさ』で悩みそうなら、結婚した方が良いと思います。

 

FIREを目指す人が結婚するメリットについては

FIREは独身と結婚どっちが有利?結婚するメリット【3選】で詳しく解説しています。

FIREは独身と結婚どっちが有利?パートナー選びで失敗しない方法【3選】
参考FIREは独身と結婚どっちが有利?パートナー選びで失敗しない方法【3選】

続きを見る

 

【まとめ】

  • 根本的な解決策は働き続けること。
  • 実際にFIREを実現した人のほとんどが、数年後に自主的に働きだしている。
  • 結婚するのも効果的

 

②余分に現金500万円くらいを手元に置いておくこと

 

自分の生活費にくわえて、すぐに使える現金を500万円くらい用意しておくのもオススメです。

 

【理由】

・さきほどあげた突発の出費に備えるため。

・精神的な不安を軽減させること。

 

実際に医療費、親の介護費用、葬式代などを合わせると、場合によっては500万円以上かかってくる可能性も考えられます。

 

高卒サラリーマン
手元に500万円を用意しておいて、高額医療用制度や公的保険をうまく活用しましょう。

これでたいていのことには対応できると思います。

 

500万円用意できない人は『4%ルール』がオススメ

 

悩む人
「500万円も用意できないよ…」

 

そう思った方も少なくないと思います。

でも安心してください。

 

4%ルールという資産の取り崩し方法を取り入れれば、一時的に乗り切ることも可能です。

 

悩む人

4%ルール?

 

【4%ルールとは?】

・トリニティスタディ大学の論文のことを総称して“4%ルール”といわれている。

・1926年~1995年の70年間、株式(S&P500)と債券(高格付社債)を50%ずつ保有。

・それらを毎年4%ずつ取り崩していった場合、30年後資産は96%の確率で残っていると研究で証明されている。

 

実際に、理論上、4%ルールを活用すれば、資産は一時的に多く取り崩しても、また立て直して増えていきますよ。

 

なぜなら、過去の研究データ上、30年後の資産額が中央値ベースで8倍にまで膨れ上がっているからです。

 

【FIREの失敗事例3つ】早期リタイアで失敗しない対策方法【5選】

 

30年後の資産額が中央値ベースで8倍

 

この4%ルールの凄いところは、30年後の資産額が中央値ベースで8倍にまで膨れ上がっているところです。

つまりこの4%ルールを活用すれば理論上、一時的に資産を多く取り崩しても、資産は枯渇せずに残る可能性が高いということです。

 

悩む人
「でも確率の問題でしょ? 100%じゃないと嫌だ……。」

 

そういった方は3%で切り崩していくのがいくのがオススメです。

 

高卒サラリーマン
4%でなく3%で切り崩せば、資産は60年後も100%の確率で残り続けますよ。↓

 

毎年4%ずつ切り崩しても、30年後の資産額が中央値ベースで8倍程に膨れ上がっている

 

※補足:一時的に資産を多く取り崩しても資産が枯渇しないかどうかはトリニティスタディでも研究されていないので保証は出来ません。

 

4%ルールについては

【4%ルールとは?】インデックス投資の出口戦略とポートフォリオについてで詳しく解説しています。

【インデックス投資の出口戦略4%ルール】FIREに最適なポートフォリオと取り崩し方!
参考【インデックス投資の出口戦略4%ルールとは?】日本では3%定額取り崩しが最適解だと思う理由!

続きを見る

 

【まとめ】

  • 手元に500万円ほど現金を置いておけば大抵のことに対応できる。
  • 500万円用意できなくても“4%ルール”を活用すれば資産は一時的に乗り切ることも可能。
  • 毎年4%ずつ切り崩しても、研究データ上30年後の資産額が中央値ベースで8倍程に膨れ上がっている。

 

③SNSやブログなどで自分のことを発信すること

 

SNSやブログで自分のことを発信してみることも効果的です。

 

【発信するメリット】

  • 交流が生まれる
  • 承認欲求が満たせられる
  • ビジネスにも繋げられる

 

こういった理由からも、僕はFIRE後こそSNSやブログなどを有効活用するべきだと考えています。

 

高卒サラリーマン
実際にFIREを達成した人もブログやSNSを介して書籍を出版したりすることが多いですよ。

 

 

発信できる特技が無くても大丈夫!アンチは無視すればOK

 

悩む人
「でも発信できるような特技自分にはないし……。

アンチとかも怖いよ……。」

 

安心してください。

みんな気づいていないだけで、人より優れていることは必ずあります。

 

アンチに関しては、僕も過去に何度か来ました。

 

高卒サラリーマン
今でもちょくちょく来ますが無視していれば問題なくTwitterを続けられますよ。

 

【アンチへの対処法】

・自分から燃えるような発言を控える。

・アンチが来ても無視する。

 

こういったことで未然に防げます。

また無視することで、火に油を注がず炎上の拡大を防ぐことができますよ。

 

SNSの運用方法は

【Twitterフォロワー7,500人】最初の0から1,000人まで増やす方法9選で詳しく解説しています。

【Twitterフォロワー7,500人】最初の0から1,000人まで増やす方法9選【簡単です】
参考【Twitterフォロワー7,500人】最初の0から1,000人まで増やす方法9選【簡単です】

続きを見る

 

【まとめ】

・SNSやブログで自分のことを発信してみることも効果的。

【発信するメリット】

交流が生まれる。

承認欲求が満たせられる。

ビジネスにも繋げられる。

 

④人と関われるコミュニティに参加する

 

人と関われるコミュニティなどに参加してみることも効果的ですね。

 

【コミュニティに参加するメリット】

・新しい友達ができる

・「ここにいてもいいんだ。」

という所属感が得られる

 

こういった効果が見込めるからです。

またコミュニティに参加することで、生きる目的を見失なうことを未然に防ぐことができます。

そして孤独感に苛まれることも激減させれらるかと思いますよ。

 

高卒サラリーマン
実際に高齢者の方でも、人と会話をすることが多い人の方が長生きするという研究データが出ていますよね。

 

迷ったら自分の趣味やビジネスとの結びつきが強いコミュニティに参加しよう

 

悩む人
「コミュニティに参加したほうがいいっていわれても、どういう所がいいのかわからない……。」

 

こういった方は自分の趣味やビジネスとの結びつきが強いコミュニティがいいと思います。

 

今後はFIREなどを目指している人や実現する人は今後も増えてくると考えられます。

 

高卒サラリーマン
そういった人たちとSNSやコミュニティを通して交流するのもいい気がしますね。

 

【まとめ】

・人と関われるコミュニティなどに参加してみることも効果的。

【コミュニティに参加するメリット】

・新しい友達ができる

・「ここにいてもいいんだ。」という所属感が得られる

・コミュニティ選びに迷ったら、自分の趣味やビジネスとの結びつきが強いコミュニティがオススメ。

 

⑤一人でも楽しめる低コストな趣味を始める

 

一人で楽しめる、低コストな趣味を始めるのもアリだと思います。

 

趣味があることで自由な時間にやりたいと思えることができます。

 

その結果生きる目的を見失う、というようなことにはなりにくいのではないかと考えています。

 

【低コストな趣味の具体例】

・SNS

・散歩

・読書

・カメラ

・ブログ

・サウナ

・YouTube

 

高卒サラリーマン
個人的にこういったことは低コストで始められて一人でも取り組めるためオススメです。

 

迷ったら【低コスト】【一人でできる】【収益化が狙える】ものがオススメ

 

悩む人
「趣味とかってどうやって決めたらいい?」

 

そんな方に次の3つの条件をを満たせるものをオススメします。

 

【オススメの趣味3大要素】

①低コストで始められること

②一人でも始められること

③仕事に発展できたり収益化が狙えること

 

高卒サラリーマン
この3つを満たせるような趣味は個人的に強くオススメします。

 

スマホ一つで簡単に稼げる、楽天ルーム(アフェリエイト)のやり方は

【副業月収15万円】誰でも稼げる楽天ルームのやり方【5選 】で詳しく解説しています。

【副業月収15万円】誰でも稼げる楽天ルームのやり方【5選 】公務員の方もバレなきゃOK?
参考【副業月収15万円】誰でも稼げる楽天ルームのやり方【5選 】公務員の方もバレなきゃOK?

続きを見る

 

【まとめ】

・一人で楽しめる低コストな趣味があると生きる目的を見失わずに済むのでオススメ。

【低コストな趣味の具体例】

・SNS

・散歩

・読書

・カメラ

・ブログ

・サウナ

・YouTube

 

FIREするにはいくら必要?【結論】年間生活費×25年分

 

FIREするにはいくら必要?【結論】年間生活費×25年分

 

結論からいうと、FIREする為には“年間生活費×25年分”の資産が必要です。

 

前のトピックでも説明した「4%ルール」を活用したとき、資産が半永久的に残り続ける金額が“生活費×25年分”だからです。

 

【4%ルールとは?】

・トリニティスタディ大学の論文のことを総称して“4%ルール”といわれている。

・1926年~1995年の70年間、株式(S&P500)と債券(高格付社債)を50%ずつ保有。

・それらを毎年4%ずつ取り崩していった場合、30年後資産は96%の確率で残っていると研究で証明された。

 

FIREするにはいくら必要?【結論】年間生活費×25年分

 

たとえば、月間の生活費が20万円の人の場合、約6,000万円必要です。

 

【月間生活費20万円の人のFIRE資金】

・240万円(年間生活費)×25年分=6,000万円

※税引きは考慮していません。

 

ここで注意したいのが、株式の場合“売却益”に対して“20.315%”税引される点です。

 

【売却益に掛かる税金の一例】

【例】売却したときの税引計算方法

・(売却代金-購入代金)×20.315%

【例】実際の購入金額が10万円で売却時に15万円の場合

・(150,000円-100,000円)×20.315%

=10,157円(税引される金額)

・150,000円-10,157円=139,843円

(※実際に手元に残る金額)

 

高卒サラリーマン
先ほど6,000万円用意すれば問題ないと説明しましたが実際はもう少し多めがいいかもですね。

 

独身でFIREするなら6,000万円以上が無難。5,000万円でもリタイアは厳しい

 

悩む人
「僕は今独身でFIRE目指そうと思ってるんだけど、どれくらいあるといいかな……?」

 

人によって生活費が異なるので一概にいくらとは言えません。

でも1つの指標として、独身の方なら6,000万円以上の金融資金が用意できればFIREは可能だと思います。

 

高卒サラリーマン
もっと具体的に知りたい方のために、FIREするために必要な金額を生活費別にまとめておきました。↓

 

【FIRE必要資金早見表】

※スマホの方は横にスクロースできます。

【必要な金額の目安】(万円) 【FIRE到達ライン】
毎月15万円の場合 4,500万円
毎月20万円の場合 6,000万円
毎月25万円の場合 7,500万円
毎月30万円の場合 9,000万円
毎月35万円の場合 1億500万円
毎月40万円の場合 1億2,000万円
毎月45万円の場合 1億3,500万円
毎月50万円の場合 1億5,000万円

※税引は考慮していません。

 

「FIREは5,000万円あればいける。」

などとも言われたりしますが、毎月15万円〜16万円で暮らせないなら5,000万円でのFIREは厳しいかと思います。

 

【まとめ】

・FIREする為には

年間生活費×25年分”の資産が必要。

・売却益に約20%課税させることを考えると気持ち多めに用意しておいた方がいい。

・目安は

(年間生活費+5%前後)×25年分”。

 

サイドFIREならもっと少ない金額で自由になれる

 

サイドFIREならもっと少ない金額で自由になれる‼︎

 

サイドFIREであれば、もっと少ない金額で自由な人生を送ることが可能です。

 

サイドFIREならFIREに必要な金額の半分で済むからです。

 

高卒サラリーマン
たとえばサイドFIREの場合、年間生活費が20万円掛かる人でも3,000万円用意できれば実現可能なんです

 

【年間160万円年利5%で運用】

・毎月10万円積立投資

・賞与40万円投資(夏冬それぞれ20万円ずつ)

14年後に資産3,000万円到達可能。

 

高卒サラリーマン

そのためFIREを目指すよりも、10年以上も早く自由に近い人生を送ることができます。

 

サイドFIREについては

【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つとは?で詳しく解説しています。

【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つを解説!
参考【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つを解説!

続きを見る

 

サイドFIREは倹約×インデックス投資で到達可能

 

サイドFIREは倹約×インデックス投資だけでも到達可能です。

 

【インデックス投資とは?】

個別株などを購入するのでは無く主要の指数に連動するインデックスファンドと呼ばれる商品に投資する投資方法。

 

サイドFIREは用意する金額が少なくて済むのが大きなメリットです。

 

高卒サラリーマン

人より少なめの金額で生活し、インデックス投資で年利5〜7%で運用し続ければ、15年以内のサイドFIREも十分可能ですよ。

 

インデックス投資については

【インデックス投資とは?】インデックス投資歴2年目の僕が解説!で詳しく説明しています。

【超初心者向け】インデックス投資とは何か分かりやすく解説‼︎【メリット5選
参考【インデックス投資とは?】インデックス投資歴2年目のぼくが超わかりやすく解説!

続きを見る

 

【まとめ】

・サイドFIREならFIREに必要な金額の半分で済む

FIREを目指すよりも、10年以上も早く自由に近い人生を送ることができる。

 

【まとめ】FIREの失敗事例を参考にして早期リタイア後に備えよう

 

【まとめ】FIREの失敗事例を参考にして早期リタイアに備えよう

高卒サラリーマン
ここまで読んでいただきありがとうございました。

本記事の内容をまとめると次のとおりです。

 

【まとめ】

※スマホの方は横にスクロールできます。

【FIREを目指す人たちが増えている理由】 【FIREした人たちの失敗実例】 【FIREで失敗しない対策方法】
①仕事中心のライフスタイルからプライベート重視へと価値観が変化

②日本の雇用型制度の崩壊化

③働き方の多様化

①資金が足りなくなる

②社会的な繋がりが薄れて孤独感に苛まれる

③生きる目的を見失う

①働き続けること

②自分の生活費+@で現金500万円くらいを手元に置いておく

③SNSやブログなどで自分のことを発信する

④人と関われるコミュニティに参加してみる

⑤一人でも楽しめる低コストな趣味を始める

【必要な金額の目安】(万円) 【FIRE到達ライン】
毎月15万円の場合 4,500万円
毎月20万円の場合 6,000万円
毎月25万円の場合 7,500万円
毎月30万円の場合 9,000万円
毎月35万円の場合 1億500万円
毎月40万円の場合 1億2,000万円
毎月45万円の場合 1億3,500万円
毎月50万円の場合 1億5,000万円

※税引は考慮していません。

 

高卒サラリーマン

この記事の内容を実践すれば、FIREを実現した人たちと同じ失敗せずに済みますよ。

 

本記事でも何回か紹介した“サイドFIREについて興味が湧いた方はぜひこちらの記事をご覧ください。

 

【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つとは?

【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つを解説!
参考【サイドFIREとは?】いくら必要?独身者は3,000万円で可能?計算式と注意点5つを解説!

続きを見る

 

高卒サラリーマン
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ポチッと押していただけると励みになります↓

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

 










© 2021 高卒サラリーマン Powered by AFFINGER5